FC2ブログ

医療 の記事

2008/10/12 20歳の虫歯
8月に20歳になったばかりのB太郎。20歳にして初めて虫歯になった。何とかレジン充填でいけそうならしいが、かなりショックを受けている。子どもの虫歯は親の責任。そう思って、小学校に上がるまで、毎晩歯磨きした後、私の膝の上に寝させて私が仕上げのブラッシングをしていた。A太郎も虫歯ゼロ。2人とも、幼い頃私が仕上げをしていたとは全く覚えていないらしい。自分の努力で虫歯がないんだと思っている(いた)。もう20歳になっ...
2008/08/01 ダンセイソックス
「どしたん?そのソックス。女子高生みたいよ」 と夫。「ダンセイソックスよ。足が軽くて気持ちイイわ~」「女性用はなかったん?」「ん???」あは、「男性」じゃなくて、「弾性」ソックス。隠れ静脈瘤があって、よく浮腫むし、最近足が痛くなることが多くなったので弾性ソックスと弾性ストッキングを買ってみた。快適!!...
2008/07/13 ガングリオン
月2回、某サークルの歌の指導に行っているのだけど、ここでは、自分で伴奏もしながら指揮もする。今日はどうも腕がだるくて弾きにくいと思ったら、ガングリオンが大きくなっていた。 → ガングリオンガングリオンができたのは、これで3回目。最初は小学生のときにできて2~3回穿刺して吸引したけどその度にまた大きくなって、小6のとき手術した。15年ほど前、また同じ場所にできた。ボーナスをもらったら手術しようと思っていたら、...
2008/06/24 遊んでませんか
きのうのこと。夫が、「おちんちんがチクチクする」、「排尿痛がある」、「ムズムズする」と訴える。残尿感はない様子。心配になって、泌尿器科を受診した。そしたら先生、おちんちんを弄繰り回して「どこかで遊んだりしてませんかー?」 だって。「ま、膿も出てないようですし、多分結石でしょう」と言われたといって帰ってきた。おおそうだった、以前も、尿管結石で七転八倒したことがあったっけ。思い出していれば受診などせず...
2008/02/29 暴走老人
常識のない元気な老人パワーに参っているというメールをいただいて、以前読んだ 『暴走老人!』 を思い出した。どうやら、年をとったら分別ある大人になるというのは幻想らしい。病院でのモンスターペイシェントが問題になっている。ある県の医療施設での調査では、1年間に看護師の55%が暴力被害にあっているというから驚きだ。病院でのトラブルの多くは、「待つこと」によるトラブルから生まれるように思うと、著者は言っている...
2007/12/05 ガンバレ「全国医師連盟」
「日本医師会」のあり方については、疑問が大有りで医師会のお偉いさんの発言を聞いても、本当に現場のことを知って言っているのか、医療全体のことを考えて言っているのか、疑問に思うことが多かったけれど、この度、現場の医師が中心になって、現場の声を届けようという団体ができるらしい。それが、「全国医師連盟」というもので、来年1月に決起集会が行われるそうで、その内容がとても興味深い。本田先生の講演はぜひとも聴き...
2007/10/15 7:1看護体制見直し
やっぱり・・・。予想通りだ。7:1看護体制加算を見直すという。加算を取るために看護師を掻き集めて、きっとすぐに厚労省はやーめたと言うんだから、そんなに採用して後が大変よ、と話していたら、案の定。。。しかし、こんなに早く見直すとは。。。と言っても、厚労省の朝令暮改はもう慣れっこになってしまった。机の上だけで考えて、いとも簡単にコロコロと変える。そして、これだけ引っ掻き回しても一言も謝らず、迷惑料も払わず、...

20歳の虫歯

8月に20歳になったばかりのB太郎。
20歳にして初めて虫歯になった。
何とかレジン充填でいけそうならしいが、
かなりショックを受けている。

子どもの虫歯は親の責任。
そう思って、小学校に上がるまで、
毎晩歯磨きした後、私の膝の上に寝させて
私が仕上げのブラッシングをしていた。

A太郎も虫歯ゼロ。
2人とも、幼い頃私が仕上げをしていたとは
全く覚えていないらしい。
自分の努力で虫歯がないんだと思っている(いた)。
もう20歳になったら虫歯も自分の責任だね。
これからは気をつけることだろう。


ダンセイソックス

「どしたん?そのソックス。女子高生みたいよ」 と夫。
「ダンセイソックスよ。足が軽くて気持ちイイわ~」
「女性用はなかったん?」
「ん???」

あは、「男性」じゃなくて、「弾性」ソックス。
隠れ静脈瘤があって、よく浮腫むし、
最近足が痛くなることが多くなったので
弾性ソックスと弾性ストッキングを買ってみた。
快適!!


弾性ソックス


ガングリオン

月2回、某サークルの歌の指導に行っているのだけど、
ここでは、自分で伴奏もしながら指揮もする。
今日はどうも腕がだるくて弾きにくいと思ったら、
ガングリオンが大きくなっていた。 →
ガングリオン

ガングリオンができたのは、これで3回目。
最初は小学生のときにできて
2~3回穿刺して吸引したけど
その度にまた大きくなって、小6のとき手術した。

15年ほど前、また同じ場所にできた。
ボーナスをもらったら手術しようと思っていたら、
ある朝起きたら、手の甲が浮腫のように腫れ上がって
ガングリオンが潰れていた。
手術代が助かって、ラッキー♪

そしてまた今度。
数年前からできていたのはわかっていたけど
今日改めてみると、ぐんと大きくなった気がする。
右前腕がだるくて、手首に軽い鈍痛も。
いつまで我慢できるかなぁ。。。

ウィキペディアにこんなことが書いてあった。
-------------------------------------------
民間療法で、50円玉をガングリオンの上に置き
トンカチで叩く、辞典などの本の角で叩いて潰す
などという方法があるが、苦痛を伴う上に二次的
障害も引き起こす恐れもあるので試みない方が良い
-------------------------------------------
うひゃー。ちょっとコレはようしない。


遊んでませんか

きのうのこと。
夫が、「おちんちんがチクチクする」、
「排尿痛がある」、「ムズムズする」と訴える。
残尿感はない様子。

心配になって、泌尿器科を受診した。
そしたら先生、おちんちんを弄繰り回して
「どこかで遊んだりしてませんかー?」 だって。

「ま、膿も出てないようですし、多分結石でしょう」
と言われたといって帰ってきた。

おおそうだった、
以前も、尿管結石で七転八倒したことがあったっけ。
思い出していれば受診などせず
水飲め水飲めーと言ったものを
やっぱり私、頭が鈍っている。ショック!

今日、石が出てきて症状も消えた。
あー、医療費 4,500円。。。


石


暴走老人

常識のない元気な老人パワーに参っている
というメールをいただいて、
以前読んだ 『暴走老人!』 を思い出した。
どうやら、年をとったら分別ある大人になるというのは
幻想らしい。

病院でのモンスターペイシェントが問題になっている。
ある県の医療施設での調査では、1年間に
看護師の55%が暴力被害にあっているというから驚きだ。
病院でのトラブルの多くは、「待つこと」によるトラブルから
生まれるように思うと、著者は言っている。
患者の、それも中年男性の暴力沙汰が増えている
という事実は、「待つこと」の耐性に欠ける大人の増加を
意味しているのかもしれないと。

確かにそう思う。
携帯やメールや、時代が待たなくていいように
便利になるほど、「待つ」ことが「待たされる」ことになって
ストレスになっていく…。

私も、子育て真っ最中の時期には、
子育てとは「待つ」ことだなぁと、つくづく感じながら
待つこと=自分育てだと思って、しっかり待ってきた。

しかし、最近、便利な時代になって
待てない自分に気がつくことが時々ある。
あー、あかんあかん。
暴走老人にならないように気をつけよう。

暴走老人!


ガンバレ「全国医師連盟」

「日本医師会」のあり方については、疑問が大有りで
医師会のお偉いさんの発言を聞いても、
本当に現場のことを知って言っているのか、
医療全体のことを考えて言っているのか、
疑問に思うことが多かったけれど、
この度、現場の医師が中心になって、
現場の声を届けようという団体ができるらしい。

それが、「全国医師連盟」というもので、
来年1月に決起集会が行われるそうで、
その内容がとても興味深い。
本田先生の講演はぜひとも聴きたいけれど。。。

ただ、名前が紛らわしくて、
日本医師会の政治団体である
「日本医師連盟」とは違うから要注意。


全国医師連盟設立準備委員会 総決起集会

日時、場所   平成20年1月13日13時より 東京ビックサイト、会議棟7階
参加資格    準備委員会会員および医師新組織の結成に賛同される方
          (参加事前登録が必要です。)先着150名
集会内容
   1) 主催者による報告と行動提起
   2) 小松秀樹先生による医師への激励挨拶(約20分)
   3) 本田宏先生による激励講演(約100分)
会費   医師 2000円、その他 1000円
主催   全国医師連盟 設立準備委員会 http://doctors21.jp/
*参加事前登録  非会員の場合は、氏名、住所、職業、所属、年齢、
  連絡先(アドレス)を記入の上、【1.13集会参加希望】 と明記して
  zai@doctor2007.com まで御連絡ください。
集会に関して、主催者からの詳細なプレスリリースを12/10以降に予定しています。


7:1看護体制見直し

やっぱり・・・。予想通りだ。
7:1看護体制加算を見直すという。

加算を取るために看護師を掻き集めて、
きっとすぐに厚労省はやーめたと言うんだから、
そんなに採用して後が大変よ、と話していたら、
案の定。。。しかし、こんなに早く見直すとは。。。

と言っても、厚労省の朝令暮改は
もう慣れっこになってしまった。
机の上だけで考えて、いとも簡単にコロコロと変える。
そして、これだけ引っ掻き回しても一言も謝らず、
迷惑料も払わず、責任も取らない。
こんなこと、民間では絶対に通用しない。

確かに7:1は問題があるけど、
そんなこと始めからわかりきっていた。
厚労省は想像力がなさすぎる。