FC2ブログ

仕事 の記事

2009/01/05 今年の目標
もう 明けてだいぶ経ってしまいましたが、新年おめでとうございます。今年も泣いたり笑ったり怒ったりしながらよろしくお付き合い願いとう存じます。で、今年の目標は、『 すぐ動く!』何でも合理的にしようとしすぎて、何かのついでにしようと思っては→忘れる、動かない→筋力低下、体重増加  ↑            ↓   ← 動くとしんどい ←この悪循環を断ち切るには「動く」ことだと。とりあえず、明日から。...
2008/12/23 派遣切りは自己責任か?
来年1月の全国創作合宿のテーマは「リストラ・首切り許さない 時代を変える闘いのうた」ということで、詩や曲募集の案内が届いた。実際に遭遇したわけではないので自分の想いとしての詩が書けないから首切りされた当事者たちの気持ちを知ろうと思っていろいろネット検索していて、驚いた。世間は冷たい!当事者を非難する意見の多いこと!派遣労働者の首切りは自業自得だ、自己責任だ、認識が甘い、仕事を選んでいるからだ、貯金...
2008/12/15 Bluetooth
1年くらい前から使っている、Bluetooth。していることをついつい忘れ、運転中だけでなくずっと使っていたら利用者さんにいろいろ言われる。「変わったイヤリングやね」 はいいけど、「あんたも補聴器がいるんかな」 とは・・・。線がないと、独り言を言っていると思われてどこかのお兄さんにヘンな顔されたこともあった。真ん中のLEDランプが時々青く光る。最近は、TVドラマ「ブラッディマンデイ」に出てくるからカッコイイねと言われ...
2008/12/09 自転車デスク
その昔、机の下に電動サイクルを置いて自転車こぎをしていた時期があった。この電動サイクルは優れもので、場所を取らない、寝たままでもできる、価格が手頃、電動なんてとバカにするなかれ、結構運動になる。買った後、親の他、利用者さんにも6人勧めて皆さん購入されて喜ばれた。メーカーの回し者じゃないけれど。それが、この度、机とマシンが合体した机ができたそうだ。その名も、「メタボ対策人力発電ステーション」。→ コレ...
2008/09/28 納棺夫日記
「おくりびと」はモックン(本木雅弘)の構想だそうでその元となったのが、「納棺夫日記」だそうだ。モックンが読んだのは、新書版の方らしいけどそれは手に入らなくて、増補改訂版を読んだ。この本や映画によって、納棺師や葬儀屋さんに対して理解が深まり社会的地位も向上していくといいけれど結局は当人の意識というか、きちんと仕事の本質に向き合って、誇りを持って仕事をしているかということなんだろうなぁ。これは納棺師や...
2008/06/05 世渡り力
「痛くない注射針」、携帯電話の「電池ケース」などで有名な、岡野雅行さん。豪快で、テンポがよくて、学ぶことが盛りだくさんだった。お勧め...
2007/09/28 長井さんの死
もしかして、と思ったら、やっぱり、殺された長井健司さんは、高校の先輩だった。危険な区域での報道に対しては色々な意見があるけれど、平和的なデモを武力で弾圧するのは、絶対におかしい。ご両親の伊予弁が、懐かしくて痛々しい。同窓会で、長井さんの報道写真展を開こうという動きが起きている。ご冥福をお祈りしたい。...

今年の目標

もう 明けてだいぶ経ってしまいましたが、
新年おめでとうございます。
今年も泣いたり笑ったり怒ったりしながら
よろしくお付き合い願いとう存じます。

で、今年の目標は、『 すぐ動く!』
何でも合理的にしようとしすぎて、
何かのついでにしようと思っては→忘れる、
動かない→筋力低下、体重増加
  ↑            ↓
   ← 動くとしんどい ←

この悪循環を断ち切るには「動く」ことだと。
とりあえず、明日から。


派遣切りは自己責任か?

来年1月の全国創作合宿のテーマは
「リストラ・首切り許さない 時代を変える闘いのうた」
ということで、詩や曲募集の案内が届いた。

実際に遭遇したわけではないので
自分の想いとしての詩が書けないから
首切りされた当事者たちの気持ちを知ろうと思って
いろいろネット検索していて、驚いた。

世間は冷たい!
当事者を非難する意見の多いこと!
派遣労働者の首切りは自業自得だ、自己責任だ、
認識が甘い、仕事を選んでいるからだ、
貯金もせず計画性が無い、努力不足だ、云々・・・。

私は経済に疎いので、もっと勉強が必要だけど
現行の派遣法は間違っていると思う。
「自己責任」といってすべて本人に押し付けるのは
ちょっと気の毒じゃないかなと思う。
それにしても、職場(労働者)の団結力が
ずいぶん薄くなっているように感じた。
これも意図的なのか?

もっと人を大切にする世の中にしないと
行く末が心配だ。


Bluetooth

1年くらい前から使っている、Bluetooth。
していることをついつい忘れ、
運転中だけでなくずっと使っていたら
利用者さんにいろいろ言われる。

「変わったイヤリングやね」 はいいけど、
「あんたも補聴器がいるんかな」 とは・・・。
線がないと、独り言を言っていると思われて
どこかのお兄さんにヘンな顔されたこともあった。


Bluetooth

真ん中のLEDランプが時々青く光る。
最近は、TVドラマ「ブラッディマンデイ」に出てくるから
カッコイイねと言われることもあるけれど、
私の耳の形が悪いのかなァ?
落ちそうになるのが難点。


Bluetooth2


自転車デスク

その昔、机の下に電動サイクルを置いて
自転車こぎをしていた時期があった。

この電動サイクルは優れもので、
場所を取らない、寝たままでもできる、価格が手頃、
電動なんてとバカにするなかれ、結構運動になる。
買った後、親の他、利用者さんにも6人勧めて
皆さん購入されて喜ばれた。
メーカーの回し者じゃないけれど。


自転車デスク

それが、この度、机とマシンが合体した机ができたそうだ。
その名も、「メタボ対策人力発電ステーション」。→ コレ
運動するだけでなく発電もできるらしい。

ただ、

・ うるさい
・ 発電量が少ない
・ 仕事に集中できない
という理由であまり評判はよくないらしい。

うん、仕事との両立は確かに難しかった。
もうとっくの昔に事務所から引き上げている。


納棺夫日記

「おくりびと」はモックン(本木雅弘)の構想だそうで
その元となったのが、「納棺夫日記」だそうだ。
モックンが読んだのは、新書版の方らしいけど
それは手に入らなくて、増補改訂版を読んだ。


納棺夫日記

この本や映画によって、納棺師や葬儀屋さんに対して
理解が深まり社会的地位も向上していくといいけれど
結局は当人の意識というか、
きちんと仕事の本質に向き合って、
誇りを持って仕事をしているかということなんだろうなぁ。
これは納棺師や葬儀屋さんに限らず、
すべての職業にいえることだと思う。


世渡り力

「痛くない注射針」、携帯電話の「電池ケース」
などで有名な、岡野雅行さん。
豪快で、テンポがよくて、
学ぶことが盛りだくさんだった。お勧め


世渡り力


長井さんの死

もしかして、と思ったら、やっぱり、
殺された長井健司さんは、高校の先輩だった。

危険な区域での報道に対しては色々な意見があるけれど、
平和的なデモを武力で弾圧するのは、絶対におかしい。
ご両親の伊予弁が、懐かしくて痛々しい。

同窓会で、長井さんの報道写真展を開こう
という動きが起きている。
ご冥福をお祈りしたい。