スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


峰打ち

きのう、時代劇を観ていたB太郎が言った。
「今のはおかしい。峰打ちや」
武士が刀を振り下ろす場面。
刀を振り上げたときには峰打ちだったのが
振り下ろしたときには、普通だったと言うのだ。
編集してるんじゃないかと。

何じゃ?「峰打ち」って?
これが、検索してみると、奥が深い。
「本来、あらかじめ刀身を反転させておいて行うもの
ではなくて、刀を普通に持って斬りつけ、
相手の体に届く寸前に、きゅっと刃を返すのである。」
なんて書いてある。

とすると、この役者は、この逆をやったわけで、
それは、意図的にやったのか?

ナンでも、暴れん坊将軍の吉宗は峰打ちらしくて
成敗するお庭番は切り殺すとか。
そんな細かい演技までしてたとは
今の今まで知らなかった。

さすがB太郎。伊達に剣道2段ではないわい。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

峰打ち、、、
そんなに奥深いとは知らなかった。
手や腕がつりそうな技だわ。;^_^)
剣道いいねぇ。
武道、子どもにもいつかはやらせてあげたいわ。
長女は弓道がやりたいらしいけど
このあたり、無さそう。(・_・、)

【2007/03/16 15:23】URL | ミッチー #.2cgsHzE[ 編集]

うん。峰打ちというのは切ったように見えても刃の背中で打っていてるので死なないのよ。
バッサリ切ったあと、「安心せい・・峰打ちじゃ」とつぶやいて去ってゆくのでありました(^^)v

だいたい刀を振り上げたとき峰打ち状態では意味がないのよね。
「峰打ちだから安心しなよ」と見せかけて置いて、ホントに切っちゃうことになるから反則だわね( (((( ヽ(;^^)/

【2007/03/16 16:43】URL | 仙人 #sqLIY2mk[ 編集]

おお、すっごい動体視力。
私には何もみえませんー。

しかし、刀を抜いても殺さない峰打ち、
日本刀はできるけど、西洋の剣じゃ無理よね。
みんな抜いたら最後、ヤッちゃうんでしょうか。
日本人は情け深いのか・・・

【2007/03/16 21:49】URL | shippo #-[ 編集]

>ミッチーさん♪
剣道、かっこいいよねー。
でも応援しててもさっぱりわからなかった。
勝ってるのか負けてるのかだけでなく、どれが自分の息子かも……。

弓道は高校時代してました。といっても1年の時だけだけど。
結構胸がじゃまになりました。いやん(/.\)。

>物知り仙人さん♪
そっかー、なるほど~~~。
そしたら、峰打ちで振り上げてほんとに切っちゃうというのはすんごい反則なんですね。
武士ならありえないと。
ほなやっぱり、役者が間違えて構えてしまったのか?
誰も真剣に観てなかったからドラマの筋がわからずうやむやでーす。

>しっぽさん♪
ね、ね、わからないでしょー。
私も時代劇好きな方だけど、全く今まで知らなかった。
西洋の剣ではどうするんでしょねぇ。今度フェンシングA太郎に聞いてみます。

【2007/03/16 22:09】URL | きん #iLhlKqZk[ 編集]

A太郎が洋風で、B太郎が純和風、、、定食みたいざますね。バキッ!

相手と対する時に、刀の刃のアップ画像があって、峰打ちモードに切り替えたり、悪代官なら本気モードに切り替えたりするTV時代劇の定番シーンがありますが、本当はそういうのはナシなのざますね? 勉強になりました。
でも、峰打ちどころか、木刀での御前試合でも死ぬ世界ざますから、安心せい、峰打ちじゃ! ん?あらま、死んでるわ!ってコトもあるのでしょうね(笑)

【2007/03/17 01:16】URL | 一徳 #qbIq4rIg[ 編集]

>一徳さん♪
元々峰打ち自体を知らなかった私にはすごく勉強になりました。
なーんにも見てなかったってことですね。ははは。(^_^;

【2007/03/17 12:42】URL | きん #iLhlKqZk[ 編集]

「心配するな、峰打ちだ・・」と言ってさっそうと去っていったのは確か三船敏郎だったなぁ。

黒沢明の「椿三十郎」のなかだったかな?

切りかかってくる若侍をバッサバッサと切り倒すのだけど、全部峰打ち(^O^)

【2007/03/17 19:19】URL | 仙人 #-[ 編集]

>仙人さん♪
バッサバッサと切ってたの、ぜーんぶ本当に切ってるのかと思ってました。無知な私。
人間関係って、昔から複雑なんですねぇ。

【2007/03/17 21:36】URL | きん #iLhlKqZk[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://genkinomoto.blog78.fc2.com/tb.php/98-d67f691d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。