スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


日独介護保険の将来展望

「日独介護保険の将来展望」という題で
シンポジウム・専門家会議があったので参加してきた。
日本でいったら厚労省のお偉いさんにあたる、
連邦保健社会保障省の方の基調講演の中に、
とても興味深いお話があったので紹介したい。

ドイツでは、紙がたくさん要るような法律は
もう制定できないそうで、
書類作成について、何が必要なものか、
現場の声を聞いて決めたいと言われていた。

介護保険では、ひとりの利用者が、
それぞれの事業者と契約を交わさなくてはならず、
本当に書類でいっぱいになる。
ひとりの利用者が、1つの契約で
全部のサービスが使えるものにしたいそうだ。

おお!すごい!!
ぜひぜひ日本でも取り入れてもらいたいものだ。

第三者機関の品質チェックも減らしていきたいそうで
組織内でのチェック能力を高めるのが本来の姿だと。
これは、私もずっとそう思っていたので大賛成。
まるで、日本は逆行しているみたいだ。

ただ、ドイツでは、ケアマネに当たる職がないそうで、
日本のケアマネについてとても興味を示しておられた。
お互いに長所短所を学び合って、
よりよい制度にしていけたらいいなと思った。

シンポジウム

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

ドイツ、進んでますね。
でも、ケアマネさんはいないのか・・・
じゃあ、役人さんがそういうあれこれを決めて
やってくれるのかなあ・・・。

でも、こういう有意義な会議はどんどんやって、
少しでも両国がいい方向へ向かうといいね。

【2007/03/09 03:26】URL | 名無しの権兵衛 #-[ 編集]

書類がたくさんいるという事はそれだけ
紙の消費量もすごく、ゴミの問題にしても
資源の問題にしても日本は逆行していると
言わざるを得ないでしょうね。
先進国と言われながらもそういう無頓着なところは、恥ずべき事だと思います。
こういう機会がもっともっと増えるといいな。

【2007/03/09 08:20】URL | ミッチー #.2cgsHzE[ 編集]

契約の書類を書いていただくたびに、利用者さんやそのご家族に「申し訳ない」って、いつも思ってしまいます。
確かにリスクの回避や内容を明確にするっていうことでは必要性もわかりますが、ほとんどこちら側の都合って感じです。
紙の使用量にしても、労力にしても本当に必要なものだけにして省力化することは大賛成です。
日本もぜひその方向に行ってほしいです。

【2007/03/09 14:09】URL | も~え #tHIaEOhk[ 編集]

>名無しの権兵衛のしっぽさん?♪
ほんと日本は体裁ばかり重視しているような気がします。
ケアマネの代わりに役人がやってくれるわけじゃなくて、
日本の介護保険施行前みたいに、病院や施設などと相談しながら自分がするのでしょうね。

介護保険についてはドイツを参考にしてるけど、
ケアマネジメントの技法はアメリカから取り入れたので。

>ミッチーさん♪
ほんと、書類はめちゃくちゃ多いんです。
一人当たりの枚数を統計に取りたいくらい。
すごい環境破壊よね。

>も~えさん♪
書いてもらうの多くて本当に申し訳ないですよね。
ほんと無駄な書類多いです。渡してもほとんど読んでない書類。
計画書、前は利用者さんに見せるだけでよかったけど、公布しないといけなくなって、
渡してもそれまでですもんね。。。

【2007/03/09 19:08】URL | きん #iLhlKqZk[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://genkinomoto.blog78.fc2.com/tb.php/91-d61055e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

改訂版:ケアマネ初心者、超実践マニュアル

2.本マニュアル ケアマネ初心者、超実践マニュアル(PDFファイル45P) 3.特典内容 介護予防マニュアル(PDFファイル15P) 介護老人保健施設ケアマネマニュアル(PDFファイル17P) グループホームケアマネマニュアル(PDFファイル16P)... 情報のデパート【2010/06/29 19:59】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。