スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ラジオは脳にきく

今日の朝刊で、『ラジオ、脳鍛えるのに最適』
という記事を見つけた。
確かに、ラジオを聴くと、想像力が育つと思う。

実は、我が家は結婚して1年半、TVを置いてなかった。
夫婦の会話を大事にしようと思い、
情報は、専らラジオと新聞から、
映像による感動は、映画に求めて、
ふたりでよく映画を観に行った。

阪神タイガースの優勝も、ラジオで興奮しながら味わった。
そんな生活にピリオドを打ったのは、
チャレンジャーの爆発事故があったから。
新聞を見ても、どのようにして爆発したのか、
どうしても想像がつかなかったのだ。

学生時代には、先輩にもらった映らないTVを見ていた。
あ、映らないから、「聴いていた」というのが正しい。
ついでに言うと、もらったときにはまだ映っていた。
ラジオでも、VHFならTVが聴けるので
聴いていたこともある。

想像しながら聴くのは、結構楽しい。
実際に、他でTVで見たりして、
この声の主は、こんな人だったのかーと
ギャップを楽しんだりした。

余談だけど 「渡る世間は鬼ばかり」は、ラジオで十分。
脚本家の大先生が、
「俳優は信じてないから、せりふで言うんです」
と言ってだけあって、演技は要らないなぁとさえ感じる。
他のドラマは、「間」での表情とか見ないと
話が繋がらないので、ちょっと無理があった。
でも、そうでないと、TVで放映する意味がないと思う。

子どもを、想像力のない子に育てようと思ったら
一日中、TVやビデオを見せておいたらよいと聞く。
TVにもいい番組もあるし、TVもラジオも使いようだろう。

カーナビをつけてから、
車に乗ってもTVをつけることが多くなった。
反省、反省。
初心に戻れ!だわ。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

本でも、原作を読むのと映像で見るのとでは
大違いですからね。
ほとんどが原作から(といっても日本語で
書かれたものだけですが)入る私と娘は、
映像化されると違和感があるものの方が多いです。
たまに、映画化してもOKだったのもありますけど。
ラジオの方が、まだいいですね。
自分の想像した世界を壊されずにすみます。
頭のためにもいいんですねー。

我が家のカーナビ、もっぱらステレオモードで、
クラシック音楽メインで聞いてますよ。

【2007/01/10 17:26】URL | shippo #-[ 編集]

>しっぽさん♪
そうそう、原作とイメージが違ってガックリなんてよくありますねぇ。
東野圭吾の「秘密」なんて、ものすごくガッカリだった。配役が決まった時点で。
漫画も好きじゃないですね。想像できないから。

新聞記事によると、「ながら聞き」もいいんだとか。
同時に二つのことをするのは、脳にとって高度な活動だから、これも訓練になるんだそう。
よかった。テレビだけ見る、ラジオだけ聞くなんてこと、皆無だもんね。

【2007/01/10 20:47】URL | きん #iLhlKqZk[ 編集]

ラジオが脳に良いっていうのは納得できますね。
近頃の若者は想像力が不足してるって言われますけど、視覚的な情報があふれかえってる今の状況では、本当にイメージする力を養うのは難しい事なのだと思います。
でも、このままでは人の気持ちを想像する事もできなくて、殺伐とした人間関係が増えていくような気がしてとても気掛かりです。
敢えてテレビを消して会話を楽しむっていうのは人と人がちゃんと向き合うことができる貴重な時間になると思います。
きんちゃんのその試みに、も~えもテレビに依存してる日常を反省です。

【2007/01/11 23:12】URL | も~え #tHIaEOhk[ 編集]

>も~えさん♪
同感です!
モノがあふれている時代、敢えて不便な生活をするのもいいかも、
する必要があるのでは?と考えてしまうこの頃です。

【2007/01/12 17:09】URL | きん #iLhlKqZk[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://genkinomoto.blog78.fc2.com/tb.php/68-7effcc5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。