スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


恍惚の人

先日、「恍惚の人」のTVドラマ化があった。
あまり本気で観てないのに言うのもナンだけど、(途中お風呂に入ったし)
ちょっとガックリ。というか、かなり不満。

実は、私、映画「恍惚の人」を、リアルタイムで観たのだ。
中学生だった。
姉に連れられ、小学生の妹も一緒に、
3人でバスに乗って映画館に観に行った。

ドラマは、施設に見学に行ったけれど、やっぱり家で看る方がいいと、
嫁が仕事を辞める。
これって、有吉佐和子さんが言いたかったことなの?そうじゃないでしょ?

だって、当時、認知症高齢者を預かってくれたり、
面倒を見てくれるような施設は皆無で、
結局、自分たちで何とかするしかなかったはず。
施設など環境も整わず、認知症に対する周囲の理解もなく、
家族が看るしかなくて看るのと
介護保険制度もあり、認知症に対する理解も広まってきた現代、
いろんな選択肢の中から家族が看るのとでは、
家庭介護の意味が違うと思う。

「介護の社会化」の逆をいく制度改悪推進のため、
家庭介護を美化したいのかと勘ぐりたくなる。
これを有吉さんの「恍惚の人」だとするのは、どーも釈然としない。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

現実は厳しい(/_;)

原作を読んだ時は、祖母が入院中だったので
かなりリアリティーをもって読んだ記憶があります。
そうですよね、当時と今では社会環境が違いますからねえ・・・

家庭での介護も限界が見えているのに、改悪によりますます厳しくなる介護制度、どうする気なんでしょうね。
政府の口先に誤魔化される前に、国民ももっと賢くなって声をあげないとダメなんでしょうね。

【2006/10/20 22:49】URL | しっぽ #-[ 編集]

うん。

ほんとにそう思う。それはまた別に書くとして。。。
ほんと有吉佐和子さんてすごいなーと思う。
30年以上も前に問題提起してるんだもんね。

【2006/10/21 00:26】URL | きんちゃん #iLhlKqZk[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://genkinomoto.blog78.fc2.com/tb.php/6-126ca099
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。