スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


居宅療養管理指導

内科の往診と歯科往診、
あるいは薬剤師の訪問指導なら
それぞれ両方が
居宅療養管理指導」を請求できるけれど、
内科往診と泌尿器科往診だったら
どちらか一方しか請求できない。

これが、どちらも請求したいと言ったら。。。

内)おたくが全部診ればいい
泌)内科は診れない。内科でもバルン交換できるだろう
内)そんなややこしいことには関わりたくない
ということになり、結局放り出され宙ぶらりん状態。

入院しかないのか、半分諦めていたところ
内科と泌尿器科両方を診れる先生を見つけた。
ターミナルで腹水は溜まっているし
お盆まで持たないと言われている状態なのに
快く引き受けてくださった。本当に感謝。

本当は最初「何もしてあげられないから」と断られた。
家族からもお願いに行ってもらって
積極的な治療は望まないから
何もできなくていいからということで
往診に来ていただけることになった。

この先生が本当に優しい。
柔和で、わかりやすく丁寧に説明してくれるし
我々介護のスタッフにも同じ目線で接してくれる。
いや~、ほんといい先生を見つけた。
ちょっと遠いのに「近い近い」と言ってくれるし
うちのじじばばもいずれお願いしよう。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://genkinomoto.blog78.fc2.com/tb.php/493-0b9e8258
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。