スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


○△□▽モデル

9日間の主任ケアマネ研修がやっと終わった。
超多忙の中、全日程参加は苦しかったけれど
有意義な中身で収穫も多く、受けてよかった。

新しい出会いもいっぱいあって、
特にグループワークのメンバーは楽しくて、
初対面の人ばかりだったけれど
最終日の今日は打ち上げまでして大盛り上がり。

しかし、、、、

最後の3日間の「事例検討」は激しく疲れた。
○△□▽モデルはどうも好きになれない。

「Aさんはどんな人か」「Aさん家族はどんな家族か」

クライアントの全体像を捉えるためには
必要なのかもしれないが、
クライアントについて一部分しか知らない状況で
(いくらアセスメントしても部分でしかないと思う)
「括る」ことについて、抵抗がある。

もし私がクライアントだったら、家族だったら、
こういう形で事例検討されていると思うと
ケアマネを替えたくなるし
介護保険を使いたくなくなるだろう。
あくまでも「私の場合は」だけど。

この3日間、私の頭の中で
「私を束ねないで」(新川和江作詞/林光作曲)
ずっと鳴り響いていた。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://genkinomoto.blog78.fc2.com/tb.php/476-f074549c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。