スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


言葉で治療する

利用者さんが「主治医が怖い」と言う。
「再々来るな!精神科へ行け」と怒られたらしい。
確かに精神疾患があるけれど、
もうちょっと優しい言い方をしていただけたらなぁ。
他にも、「なんで来たんか」と怒られたり、
医師の冷たい言葉に傷ついている利用者さんは多い。

利用者さんが困っていても何もできなくて、
ただただ聴くしかできないことが多いけれど
「支え」にはなれるかもしれない。

言葉って本当に大切。
私も気をつけよう。。。



言葉で治療する

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

治療できる言葉もあれば、傷つけてしまう言葉もある。

昔の人は「ことだま」って呼んで、口に出してしまった物の重要さを認識していたのにね。

私も気をつけようっと。

【2010/08/26 10:11】URL | 一徳 #TY.N/4k.[ 編集]

医者になるためには必要な知識だけ持っていて試験に合格すれば良いので、どんなひとでもなれちゃうのよね。

人格見識の欠陥で振り落とすメカニズムは無い。

【2010/08/26 20:57】URL | 仙人 #-[ 編集]

母が入院しているときや
子どもの病気で初めて行った病院で
突き放すような言葉を投げつけるお医者さんを
信じられない気持ちで眺めてしまったことが何度もあります。
体が弱れば気も弱ります。
そんなときに、傷口に塩を塗るような言葉を放つなんて
医者としては言語道断あってはならない行為だと思います。

お医者さんの資質を見極める基準が欲しいですね。

【2010/08/27 10:12】URL | ミッチー #.2cgsHzE[ 編集]

>一徳さん♪
そうなんですよね。
「病気が治らなくても説明が十分だと納得してもらえる」し
「言葉は病気を治すだけでなくクレームから守ってくれることもある」んですね。
私もよく忘れたりミスするけれど、結構許してもらっています。
もっと減らさなくっちゃーだけど。

>仙人さん♪
医者も患者体験があるとずいぶん違うんですけどね。
「医師には想像力が必要だ」と書いてあります。本当にそうですね。
医療の現場が忙しすぎるのもあるけれど、
でもちゃんと患者さんの話を受け止めてくれる先生もいますもんね。

>ミッチーさん♪
信頼関係が築ける医師は本当に少ないですね。
忙しいから話を聴いていられない、聴く態度を示すと診察時間が長くなるから
できるだけ話を打ち切ろうとしている医師が多いように思います。
でまた高齢者は話が長いしぐるぐる回るから余計に。
患者というだけで立場が弱いのに心無い言葉で傷つけられたら辛いですよね。
医師もコミュニケーションスキルが重要だという話が出てきてはいるけれど、なかなか、、、。

【2010/08/29 02:10】URL | きん #iLhlKqZk[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://genkinomoto.blog78.fc2.com/tb.php/454-fec4f319
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。