スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


灰色が普通

白か黒かはっきりしないと気がすまない人がいる。
私は8年前にもHP
仕事のこと[1]に書いたけれど、
白黒はっきりさせるのが苦手で
それを要求されるとしんどくなってしまう。

そういうタイプの人とはどう付き合えばいいんだろう?
そう思って検索していたら、こんなサイトに辿り着いた。

白か黒か一方に決定したいのは
「安心」を求めるからなんだと。なるほど~。
「灰色が普通だと考えましょう」
ちょっと気が楽になった。
だっていつも責められてるみたいなのよ。


Q.「白か黒か、はっきりしないといやです。これはおかしいですか」
----------------------------------------------------------------------
A. 愛情のあるところには必ず憎しみがあります。つまり灰色が普通です。

白か黒か、その一方に決定したい心理は、
程度の差こそあれ誰にでもあることです。
その最大理由は「安心」を求めるからでしょう。

しかし現実は算数のようなわけにはいかないのがほとんどで、「灰色」がほとんどです。
なぜ灰色が多いのかというと、キモチは刻々と変わるからです。 

「これを必ずやり遂げたい」
「あなたを一生愛します」 そう思う時には、そう決意したり、発言したりします。
しかし、その5分後にはキモチが変わっているかも知れません。

だって「やり遂げられるだろうか」「こんなあなたは好きじゃない」
そう思うと、それまでのキモチはぐらつき変わります。

しばらくすると
「いや、きっとやれる」
「やっぱりあなたが大好き」となります。

こんなふうに揺れ動いているキモチを
白か黒かと決めつけれないのが本当ではないでしょうか?

ある意味、それを知っているから、心変わりがいやで、
白か黒かはっきりしたい欲求も強まるともいえます。

しかし、いくら決意しても、揺れるキモチは止められません。
それでも、揺れ幅を小さくする方法があります。

それは白か黒かではなく、灰色が普通なんだと考えましょう。
そして「いまこの瞬間も継続する」ことです。

ところが・・・・ 「白か黒か」はっきりしないと気がすまないという方に、
「白か黒かではなく、灰色が普通なんだと考えましょう。」

では解決策にならないと思います。 

しかし、白か黒かの区別をつけようとする習慣は、
どうしてついたのかを知ると気が楽になると思います。

私たちは、自分の感情を左右する影響力を持った相手に対して、
相反する2つの感情を持つものです。
特に、より影響力が強い人、より機会が多い人に対してほど、
相反する2つの感情も強く持ちます。 

相反する感情とは、受け入れたい思いと、否定したい思いを持ちます。
その根底には自分を受け入れて欲しい感情が、より強くあるからです。
達成したいという願いが強い重要なことほど気になるもの同じ理屈です。

人は子ども時代に、非力なので、自活する力がなく、その分不安も強いため、
自分をケアしてくれる親や先生、親しい友人などには、必然的に依存心が高くなります。

依存心が強いほど束縛感を持ち、相反する2つの感情も強くなります。
たとえば「好きだけど嫌い」「行きたいけれど行きたくない」
というようなことが起こってきます。
それは自然なことです。

束縛を受けてしまうので、自分のキモチと行動のバランスが保てないからです。 

ところが、自分自身を含めて、周りの人に支配する力を持った立場にある人ほど、
それを認めない傾向があります。

私たちは子ども時代に周りから白か黒かの選択を要求される機会を持ちます。
「はっきりしろ」「そんな考えはよくない」と決めつけます。 

そういう理由を考慮すると
「愛情のあるところには必ず憎しみがある」のはとても自然な状態です。  
引き裂かれた感情を持つことについて、 人生を通して葛藤を克服していくものです。

ところが、そう思っていない方が多いのです。

「おまえはおかしい」
「したいの、したくないの?どっちなのか、はっきりしなさい」
と物事を白か黒かのように正反対の区別することを、
当たり前のようにしていると混乱が激しくなります。

他人ばかりか、実は自分がそうである場合が多いのに、 そう感じるべきではない、
そう思うべきではない、それは恥ずべきことだと教えます。

このように白か黒かの見方を強要するのは支配といえます。

無意識であっても身近にいる目上の者が白か黒かの選択を迫ってくるために、
白か黒かの発想を習慣として身につけます。 

知識も経験も情報も乏しい子どもたちは、 生々しい感情を整理できないまま、
知識、情報、だけが増え続けますが、 生々しい感情は抑圧したままですので、
有意義な経験が伴わないまま 誤った経験を重ねるようになります。

こうして知らず知らずの間に間違った習慣を身につけます。

しかし現実を素直に受け入れられるようになると、
愛情は高まり憎しみは減るようになります。
すると対人関係は楽になります。 
自分のなかに相反する感情を持っているとしたら、
白か黒かではなく、また否定せずに認めてやるようにしましょう。

穏やかに認めてやると揺れが小さくなり、 自分のキモチがはっきり見えてきます。 
混乱した感情でもいいんだ、思うことができるようになるからです。 

これはすごく大切なことです。

混乱を受け入れられると、混乱はやわらぐからです。

その経験を数多くするほど、
混乱はあってもおかしくないと受け入れることができるので、
混乱は混乱でなくなります。

すると周りの人がはっきりできずに揺れていても
「それでいいんだよ」というまなざしで見るようになります。

たとえば結婚してパートナーが他の異性に関心を持っても許せるようになります。
つまり感情が動くのは仕方のないことだと思えるようになります。

しかしそれを行動に移すと感情的な行動になります。
これは許せないキモチになるでしょう。

だからそうならないように、感情は認めても、行動に発展しないように、
自分が、この瞬間も励ましをベースにした 愛情のある表現と行動をとるようにします。 

この繰り返しが大切です。

「灰色」だからこそ、いつも、励ましをベースにした愛情のある表現と行動をとるのです。
するとパートナーも他の異性に関心を持つことが少なくなります。
自分が尊重されていると実感するからです。

励ましの愛は本当の愛ではありません。 

白か黒かではなく、灰色が普通なんだと考えましょう。
「あの人のこと、好きだけど、時には嫌いなときもある」
「花子さんのこと、がんばっていてえらいなと思うけれど、
いやだなって思ったりすることもある」

このような感情が正常で自然なものだと、 口に出して言うことで、
自分や周りの人が持つ罪の意識や不安を取り除いてやれます。

自分も周りの人も同じなのです。

それを放置しておくと、自分の感情をどう受け止めていいのか分からずに、
感情に支配されてしまいます。

すると整理できないため、
自分がその事実をどう受け止めたらいいのか分からないまま、
苛立ち、感情的な行動をとるようになってしまいます。

事態はさらに複雑になります。 

大事なことや人ほど、白か黒かをはっきりしたいものですが、
大事なことや人だからこそ灰色が普通です。

いい関係を継続できるように、相手のことを考えて行動しましょう。

「じぶんぢから再生プロジェクト」より
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

おお~、心が落ち着く

きんちゃん、いい引用をありがとう。
朝から嬉しかったわ(^^)

【2009/03/12 08:32】URL | いつも灰色なmomo #tHX44QXM[ 編集]

>momoさん♪
お役に立てて何より♪
灰色だと思った方が本人も楽だろうになぁと思うんだけどねぇ。。。

【2009/03/12 09:49】URL | きん #iLhlKqZk[ 編集]

確かにね・・・白も黒も灰色もありだわ。
時間や気持ち、流動していくもののなかでは、一色を保つほうが
難しいかも。

私は白黒はっきりつけるほうが大変だなあ・・・
決断の時って、すごくエネルギーがいるもの。

【2009/03/12 10:55】URL | shippo #-[ 編集]

受け入れられると、混乱はやわらぐからです

おおお。やっぱためになるわ。
やっぱ、受け入れられる大きな器を持つことが大事なのでしょうね。

はっきりしない人なんていわれそうだけど
白黒つけられない人と
白黒つけたくない人は、また違うんだろうなぁ。

【2009/03/12 17:05】URL | ひさ吉 #-[ 編集]

>しっぽさん♪
そーなのよねぇ、ずっと一色を保つって難しいと思うけど、
白黒はっきりつける人は、一度決めたんだからって意地でも通す人多いような気がする。
それが必要な場合もあるし、弊害になる場合もあって難しいところ。
政治家はブレちゃ困るけど。芸術家もブレない方がいいらしくて、
指揮する立場としては白黒はっきりした方がいいんだろうなぁと悩むところです。

>ひさ吉っちゃん♪
さすがいつも鋭いねー。
私は「つけられない」のが多いのかもなぁ。
結果について自信がないのかも。結果にこだわらない場合も多いし。
白を選んで結果がAになっても、黒を選んで結果がBになっても、
それはそれでまたいいと思うことが多いから。
はっきり示して欲しい人にはいい加減でいじましく思われるんだろうなぁ。

【2009/03/12 18:11】URL | きん #iLhlKqZk[ 編集]

う~ん  なるほど! 

いい勉強になりましたぁ。 今の特定保健指導では相手に出来たか出来なかったかを表につけていってもらうんだけど、そんなこと求めても無理なんですよね。 出来るときもあれば半分の時もあり8分のときもあり。 当たり前だよね。 

あーー。 これからの考え方を変えなくちゃ~。  ナイスな日記ありがとー。(^O^)

【2009/03/12 23:23】URL | fu~ #mQop/nM.[ 編集]

>fu~さん♪
いや、でも、指導する立場の人はある程度白黒はっきりさせないと
受ける立場の者は不安になるから、仕方ないかもしれないね。
だから私は指導する立場に立つのはホント苦しい。
どっちでもええやんと思ってることを「こうです」と言わないといけないことが多くて。

【2009/03/13 01:00】URL | きん #iLhlKqZk[ 編集]

ご無沙汰してしまいました。とても役に立ちました!ありがとうございます!
私も職場に白黒はっきりつけないと前に進めないという人がいてしんどい思いをしています。灰色だと思った方が本人も楽になれるのにと思うのだけど何せ頑固で。私も付き合うのがしんどかったけどヒントをもらいました。ありがとうございました

【2009/03/13 09:10】URL | sho #ufPaiuq.[ 編集]

>shoさん♪
お久しぶりです。shoさんもですか?
度を過ぎるとしんどいですよね。自分だけのことならいいけれど、
周りにも白か黒かと選択を迫られるとほんとしんどいです。
白か黒かの見方を強要されて育ったのでしょうかねぇ。

【2009/03/14 00:50】URL | きん #iLhlKqZk[ 編集]

なるほど~。
白黒はっきりできずに苦しむ人って多いですね。
混乱をそのまま受け入れてしまえば楽なのに、、と
思ったことが書かれていて、ちょっとうれしかったです。
灰色があたりまえ。
うん。
なんとなく思っていたことが、こうして明確な文章になっていると
すっきりしますね。
勉強になります。
でも、実際、白黒はっきりしなくてはならないことが多くて
苦しいな、と思いますけどね。;^_^)

【2009/03/23 02:41】URL | ミッチー #.2cgsHzE[ 編集]

>ミッチーさん♪
そうなのよね。白黒はっきりさせないといけないこと多くて。
政治家が白でも黒でも灰色でもいいです、なーんて言ったら皆混乱するから、
白黒はっきりさせることも必要なんだけど、
一旦決めたらブレないことも必要なときもあって、それもまた強い意志が要って。
白黒はっきりつけることで安定を得ようとしているのなら
灰色でいい、灰色がいいとするのは決めたことの責任から逃れたいのかもと思ったり。
うーん。

【2009/03/24 02:05】URL | きん #iLhlKqZk[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://genkinomoto.blog78.fc2.com/tb.php/333-a85604e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。