スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


後期高齢者医療制度の保険証

晩のニュースを見て、またまたビックリ!
運転免許証があれば1割負担で医療が受けられるんだと。
本当に継ぎ接ぎだらけで、現場は大混乱。大迷惑。

だいたいあの保険証は薄すぎて、
それも通知にくっついて切り離すタイプだから、
わかりにくくて当たり前。
捨ててしまってもおかしくない。
まるで、「あなたの命の重さはこのくらいよ」
と言わんばかりの保険証なのだ。
私でもあの保険証を見てショックを受けたくらいだ。

経費節約したいのはわかるが、
却って高くついたのではないか。
人の命を軽く見ている厚労省の重罪。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

私のところの年寄りにも届きましたよ。
なんだかなぁ・・・って保険証だった、たしかに。
あれじゃ捨てられてもおかしくないと思いました。
まっ、それはそれとして、この制度の意味がよく分からなかった。

なにがどう変わったのか・・がよく分からない。
市役所の窓口に問い合わせが殺到しているみたいだけど、それも分かるなぁ。

ねんきん特別便なども、アホなことやってると感じる。
今、社保事務所、すごい混雑です。
普段はガラガラの駐車場が常に満車状態。ねんきんダイヤルなど繋がるはずも無い。だって封筒に電話番号が書いてあるのでみんな電話するよね。
迷走はずーっと続きそう。

【2008/04/11 11:22】URL | 仙人 #-[ 編集]

義父にもきてましたが、昨日、初めて実物を見ました。
小さいし、見た目、どこかのお店のサービスポイントのつくカードと大差ない。
あはは、こりゃ絶対、義父にはわからないわー。
これだけ周知されてなくて、こんなもの送ってきたって、義父なら捨てちゃうわよー。
なにを考えてるんだか・・・という厚労省の失策ですね。

【2008/04/11 11:46】URL | しっぽ #-[ 編集]

>仙人さん♪
でしょでしょー。
私らが一生懸命勉強してもよくわからない、イメージがわかない制度ですもん、
高齢者には難しすぎます。
厚労省も、去年の年末までは保険料のことだけしかパンフレットにも書いてません。
もっとも詳しいことが決まるのがいつも遅いので周知徹底の時間もないのです。
それで現場はいつも大混乱。医療も介護も同じ。
自治体の怠慢だと責任転嫁されて、自治体の職員さんたちは本当に気の毒です。
いつも「言うだけ」の厚労省にほんと引っ掻き回されています。

【2008/04/11 13:23】URL | きん #iLhlKqZk[ 編集]

>しっぽさん♪
しっぽさん地方はカードタイプなんですね。
じゃ高齢者にはますますわからないですねぇ。保険証だとは思いにくいし、字は小さいし。
だいたい制度自体が十分審議もせず強行採決で決められたものなので欠陥だらけです。
民間会社ではこれだけの失態をしたら謝罪してクビか飛ばされるかでしょう。
保険証が届かないのは0.0ナン%だとかと強調してましたけど。
いいですね、国は。。。

【2008/04/11 13:49】URL | きん #iLhlKqZk[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://genkinomoto.blog78.fc2.com/tb.php/234-1123e6df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。