スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


シアターピース

不思議な音楽空間だった。
初めて体感した シアターピース
東京混声合唱団の演奏会 が、それも無料であったので
仕事もそこそこに切り上げて聴きに行ってきた。

特によかったのが、柴田南雄さんの「追分節考」。
女性はステージで、男性と尺八奏者は
会場を移動しながら演奏する。
歌声が、横や後ろから、近くや遠くから
立体的に、そして幻想的に、ホールいっぱいに響き渡る。

指揮者は、指を2本にしたり3本にしたり、
女性が持つ扇の上げ下げを指示するだけで、
どうやら皆さん即興的に演奏しているようだった。
うまく伝えられないけど、本当に感動した。

他にも、指揮の仕方とか、歌い方とか、音楽の作り方とか
本当に収穫の多い演奏会だった。
うん、ちょっと自分の殻が破れそうな予感♪

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

残念!

残念!そんなによかったんなら無理して途中からでも聴きに行くんだった。
収穫が多くてよかったね。指揮頑張ってね。

【2008/02/28 02:20】URL | やま #ufPaiuq.[ 編集]

>やまさん♪
ありがとうございます♪
「きんちゃんはシャイだからそこを破らんといかん」とよく言われてたんですが、
つくづく実感しました、うちの団の演奏がこじんまりとしてるのは私のせいだと。
やっぱり生の演奏を聴くことは必要ですね。聴くというより、見ることがとても勉強になりました。

【2008/02/29 01:29】URL | きん #iLhlKqZk[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://genkinomoto.blog78.fc2.com/tb.php/222-41645972
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。