スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


コムスン問題の黒幕

夕べ(というか今朝)、「厚労省も同罪」 だと書いたけど、
もっと的確な表現を見つけた。
そうよ、『黒幕』 なんだわ、厚労省は。


 発信箱 : コムスン問題の黒幕



 コムスンと折口雅博会長を糾弾し、社会的制裁を加えれば、すべて丸く収まるのか。不正請求で暴利をあげ、サービスの中身も劣悪なら。福祉でぬれ手であわを狙い、老人を食い物にしていたなら、話は単純だ。

 しかし、コムスンの訪問介護分野は利益面で振るわず、ワタミの渡辺美樹社長に「老人ホームには関心があるが、訪問介護はいらない」と言われた。一方で、「24時間営業」など他社にないサービスが利用者に高く評価され、離島まで拠点を持つのはコムスンだけ。業界2位のニチイ学館は「24時間体制を全面的に引き継ぐのは無理だ」と語っている。

 つまり、ディスコのノリを重視する野心家が、独自のサービスで顧客の支持を受けながら、社員に厳しいノルマを課し、不正を積み重ね、それでも採算に乗らないのが訪問介護事業と言える。さらに現場のヘルパーの多くは年収300万円未満で、離職率も高い。介護は、ビジネスとして職業として、夢も希望もないどころか、成り立っていないのが現実だ。

 そもそも介護事業には、まっとうにやって利益を上げられる仕組みが備わってないふしがある。厚生労働省が06年度に、介護保険会計の健全性を維持するためとして業者への介護報酬を引き下げたせいと指摘する関係者は少なくない。

 介護を「無償の奉仕」として家族や地域だけに押し付けるのでなく、「事業」として民間に委ねたはいいが、例によってお役所仕事に終始する厚労省こそ問題の黒幕ではないか。このままではやがて何十万、何百万人の介護難民が生み出される日がくる。

毎日新聞 2007年6月15日 0時10分  中村秀明(経済部)
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

ホントにそうですね。
コムスンはある意味、第一の犠牲者、という気がしてなりません。
今まで水面下にあった問題がこれでどんどん噴出して国が何とかしてくれるといいけど、そんな期待感は国民の間にもないのが現状なのかな。
本当に国はいったいどこに向かっているんだろう。
自分の身は自分で守れ、ってことですかね。
寒々しいです。

【2007/06/15 18:43】URL | ミッチー #.2cgsHzE[ 編集]

>ミッチーさん♪
そうですね。どこに向かってるんでしょう。
不正が構造上の問題だと気がついて見直してくれるといいんですが、
今まで全部ケアマネが悪い、事業者が悪いと締め付けてきた厚労省ですから一筋縄じゃいかないでしょう。
なんせ厚労省は他人事ですからねぇ。

【2007/06/15 22:08】URL | きん #iLhlKqZk[ 編集]

このコムスンの事件がいろんな意味で、介護保険の問題点を浮き彫りにしたということになりますよね。

【2007/06/15 22:15】URL | も~え #tHIaEOhk[ 編集]

>も~えさん♪
ほんと、制度の欠陥を見直すいい機会になったと思います。
一般の方々にも、この問題はコムスンだけの問題じゃないこと、
介護スタッフの善意に甘えていたらこの制度は続かないことをわかってほしいですね。

【2007/06/15 22:47】URL | きん #iLhlKqZk[ 編集]

支援者のボランティア精神に甘えているのは厚生労働省も同じですね。

介護系資格者がスキルアップし、正当な報酬(給料)を勝ち得るしか方法はないのですが、ここでも一方的にスタッフの努力だけを強要されている気がして情けなくなります。
しかし、この仕事を選んだときから、その覚悟はできていなくてはならない。
やれるところまでやってみようと思います。

【2007/06/16 00:26】URL | ハリケン #-[ 編集]

>ハリケンさん♪
ほんとこの仕事はやりがいとか使命感とかでしてる人がほとんどですよね。
若者(特に男性が)結婚してもやっていけるような給料にしないと、
どんどんいい人材が逃げていってしまいます。
スタッフばかりに研修研修とがんじがらめに強要しないで、
厚労省のお偉いさんも、現場研修を53時間とかしてみてはどーでしょうかねぇ。

【2007/06/16 02:09】URL | きん #iLhlKqZk[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://genkinomoto.blog78.fc2.com/tb.php/156-36a3be19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。