スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


わが人生に悔いなし

わが人生に悔いなし」は、なかにし礼が
石原裕次郎のために創ったという曲だけれど、
私は、この曲を3年前に初めて聴いた。

明日が定年退職の日という男性が、
ラジオ番組にリクエストしていたのだ。
仕事を中断して聴き入った。
これはうちの団員の気持ちにピッタリ!歌いたい!

早速レンタル屋でCDを借りてきて、採譜して、
うちの合唱団用に編曲した。
今ではテーマ曲のようになり、毎年歌い続けている。
先日の50周年レセプションでも歌って、大好評だった。

この前、「きみは愛されるため生まれた」を歌って、
「上手なんだけれど、何かが足りない」と言われた。
この曲も、うちの団用に私が編曲した。

まだ、歌い手それぞれ、
自分のものになってないのではないか、と指摘された。
確かにそうだろう。
「ただ」歌うのでは、説教に聞こえてしまう危険がある。
曲を深く理解し、自分自身の実感としてとらえて初めて
相手に伝わるものかもしれない。

と、話していたら、若い団員2人が、
「わが人生に悔いなし」 は実感がないと言う。
「悔いだらけで…」 とか、「まだそこまで…」 とか。
20代から60代までいる団員、
誰もが実感できる、というのは限界があるのかもだなぁ。
また、それだから多彩で面白いのかもだけど。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

そうですね。私は団塊の世代の人間ですが、
「わが人生に悔いなし」は自分の心情にピッタリの歌です。
その若い人たちも、もう何十年かしたら
実感が持てるようになるのかもしれませんね。

【2007/04/17 00:58】URL | やま #JWorHoTU[ 編集]

私も若いので、わが人生に悔いありまくり~(爆)

というのは半分は冗談ですが、ないと断言できる
人は少ないんじゃないのかなあ・・・。
その時はBESTな選択をしたつもりでも、後に
なって
見えてくる事もありますし。
でもまあ、悔いてそこから前進できるなら、それはそれでいいかなとも思います。

【2007/04/17 02:12】URL | shippo #-[ 編集]

>やまさん♪
はじめまして。
やまさんも悔いなし組ですか。よかったです。
悔いなしの秘訣は、やっぱり、一日一日を大切に生きるということでしょうか。
毎日の積み重ねのような気がしています。

>しっぽさん♪
そっか、そんなもんなんかぁ……。
うちの合唱団には、出世より自分の信念を優先するタイプの人間が多くて、
また、前任の指導者とのいざこざもあって、いろんな想いがあるから、2番の、

「この世に歌があればこそ
 こらえた涙いくたびか
 親にもらったからだ1つで
 闘い続けた気持ちよさ」

という部分がすごく実感できるんだと思います。
2番と3番を逆にして、これを最後に歌ってます。

【2007/04/17 16:53】URL | きん #iLhlKqZk[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://genkinomoto.blog78.fc2.com/tb.php/117-687a4062
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。