2008年05月の記事

--/--/-- スポンサーサイト
2008/05/30 広げた屏風
船場吉兆廃業のニュースで、創業者湯木貞一氏の言葉が紹介されていた。料理屋とできものは、おおきいなったらつぶれる料理屋と屏風は、広げすぎたら倒れるいい言葉だなぁと思う。忘れないように記しておこう。少し前、介護保険施行当初から励まし合ってきたケアマネ仲間に、経営ノウハウを教えてくれと言われた。もちろん冗談だろうけれど、「いつも赤字だけど、自宅でしてるから何とかなってるのよ」 と答えた。彼は、最初は居宅...
2008/05/28 更新申請
バタバタしていたら、ちょうど1週間前が会社の創立記念日だった。ありがたいことに、7年目に突入。今月末までに、事業所の更新申請と確定申告をしなくてはならず、更新申請には決算書の提出もあるから遅くなったわけだけど、後少しというところまできて、会計ソフトが起動せず、原因追求する時間がなく別PCで最初から入力し直した。ふぅ~。この2日間ほとんど寝ていない。何とか更新申請書類は夕方郵送して、明日には確定申告でき...
2008/05/24 ゾウに負けないアリのうた
厚労省に虐げられている毎日。社保庁とかとんでもなくいい加減なのに、我々真面目な事業者や庶民にはこれでもかというくらい無慈悲だ。それでも、何とか元気を出したい!と思って「ゾウに負けないアリのうた」という歌を創った。直接批判してはリアルすぎるのでゾウを厚労省・国に見立てたわけだけれどゾウには何の恨みもなくて、何に例えるかについては、ずいぶん迷った。アリにとってのゾウということでゾウには許してもらうこと...
2008/05/22 ゴルフ興味ないですか?
今日から始まった、Munsingwear Open。通し券をいただいたのですが、行けないのでどなたか要る人いませんか?大会記念品抽選券やプレー優待券も付いてます。詳しい内容はここを見てくださいね。 → チケット情報...
2008/05/21 束の間の帰省
昨日、父の手術があったので帰省してきた。といっても、実家には寄らず、病院に顔だけ出して、とんぼ返り。結婚前2年間勤めた病院なのに、道を間違えたりして、相変わらずボケてる私。前立腺がんで、肥大もあるからTUR-Pをした。 → TURP簡単な手術だから帰って来んでええよと何度も言われたけれど、やっぱり帰った。年に1~2回しか帰省せず、ろくに電話もせず親も年をとり、私も病気を抱え、もう後何回会えるだろうかと考えると...
2008/05/17 当選旅行
ご褒美の『異人館めぐりと福知山温泉』の旅。山の中の温泉だけあって、露天風呂も自然の中。緑がとても綺麗だった。その前に、白金(しろがね)工房を見学。ホールには、1トンものアメジスト原石が。ありがたいお言葉も。バスの中でした4問クイズに正解してお土産をいただく。これがかなり難しくて、いつも正解者はいないらしい。やったー!神戸市内のマンホール。消火栓がいろいろあった。あとオーソドックスなもの。地面ばかり...
2008/05/15 ヘルパーによる窃盗
コムスンではヘルパーによる窃盗が日常茶飯事だった、という記事が出て、また憂鬱になる。 → ココ2~3年前から訪問介護の必要性がありながらヘルパーを信用できず、利用を拒否し続けている家族がいる。あぁ、ここでまた大きく後退。ヘルパーによる窃盗なのか、利用者さんの物盗られ妄想なのか、実際ケアマネとしては判断が難しい。信じるしかない。...
2008/05/13 ご褒美
旅行が当たったのは初めて♪店員さんに勧められ、お付き合いで書いたのに、まさか当たるとは!病気が見つかって、どうなるか半分諦めてたけど、無事行けることになってラッキー♪ これも再検査になったからだわ。それにしても、商売上手というか…。せっかく当たっても、団体旅行なので一人で行くのは勇気がないし、夫を誘って行くことにした。夫の分は自費。こうやってちゃっかり儲けるのね。でも、夫が仕事で行けなくなったので、...
2008/05/09 掴めないもの
幕張メッセであった『9条世界会議』で唄った、普天間かおりの「守りたいもの」がよかった!という話を聞いて、私も聴いてみた。 → 「守りたいもの」うん!これはぜひ編曲して歌いたい!楽譜がなかったので、CDを買おうと検索してたら昨日書いた、私の想いとよく似た曲を見つけた。「掴めないもの」 → 歌詞 ・ 試聴4年前、お祖父さんが亡くなったときに、人生の最期何が幸せなのか考えさせられて創ったそうだ。 → メッセージう~ん...
2008/05/08 「大切なのは感情」の続き
がんかもしれないと思ったとき、もしかして「死」が近くなったかもしれないと考えた。「死」については、職業柄よく考えてきたつもりでも、あと何年生きられるだろうか、などと考えると布団の中で自然と涙が出たこともあった。3回。死ぬとは、このまま目が覚めないことなんだなと思うと「死ぬ時は何も持っていけない」とよく言われる言葉が現実味を帯びてくる。なるほど本当かも。持って行こうにも持って行くお金もないけれど。目...
2008/05/07 忘れるということ
5年前、クリスティーンさん(アルツハイマー病患者)が話されたことでとても印象に残っていることがある。→ クリスティーンさんについて忘れるということは、それが重要なことではなかったからだ。何もかも忘れて最後に残るのは「感情」だ。人間にとって一番大切なものは「感情」であることがわかった。というような内容だった。今日、「デイから帰っても何も覚えていない、デイに行く意味があるんだろうか」と悩むご家族にお話し...
2008/05/05 黄ニラ失敗作
岡山特産の黄ニラを、我が家でも作ってみようと挑戦したけど、失敗したらしい。やっぱり高級食材だけあって栽培は難しいんだな。 → 黄ニラについて...
2008/05/05 がんの大先輩
我が家には、がんの大先輩がいる。ばーばだ。直腸がんで、摘出後人工肛門をつけている。来年、術後10年目を迎える。早いなぁ。このばーばが、恐ろしく楽天的なのだ。術後も驚異的な回復力で皆を驚かせ、普通の人より10日も早く退院した。結婚当初は、その大雑把さが気になることもあったけど私も染まることで楽になった。ばーばには、本当に助けられている。病は気から。ナチュラルキラー細胞にしっかり働いてもらわないとね。...
2008/05/04 憲法集会
5月3日は、毎年憲法集会に参加している。今年の講演のテーマは、『格差社会日本の労働と人権』。これが大いに期待外れでガッカリした。年齢階級別の雇用状態などを統計にして年収299万以下の人が大半だとか、30代の女性は退職すると二度と正社員にはなれないとか現在の状況説明に終始して、では、これからどうすればいいのか、社会を変えようと思って自分はこんなことをやっているとか、そういう類の話は一切なかった。現在の状況...
2008/05/02 情報が少なくて
腎盂がんは、発生頻度が低くて、→ 10万人に0.1人統計を見ても、出てこないくらい少ないので → 統計情報も少ない。当事者の闘病記も少ない中、貪り読んだ。 → 闘病記5年、8年と、再発・転移を繰り返しながらも続いているブログを見ると、勇気が湧いてくる。いつかこのブログも誰かの役に立つことがあるだろうか。とりあえず、血尿があったらすぐ病院に行きましょう、ということと、健診時には腹部エコーもしてもらいましょう、とい...
2008/05/01 私にがんは似合わない
4月7日にワインのような血尿が出てから覚悟はしていた。突然の無症候性血尿=尿路系のがんを疑えというのは知識として知っていたから。それから膀胱鏡検査、エコー、尿細胞疹、腎盂造影、CTをし、大学病院を紹介され、MRI をした。やっぱり結果は、腎盂がんの疑い。生検は転移のリスクが高いからしないので確定診断はできない。腎盂がんは転移しやすいので早く取ってほしかったけど何やら珍しい病変らしくて、6月にもう一度CTを撮...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。