2007年06月の記事

--/--/-- スポンサーサイト
2007/06/29 大人の女力
ニュースでやってて面白そうだったので買ってきてもらった。『大人の女力検定』DS。なかなか面白いし、勉強になる。「大人力」 は、女性じゃなくてもタメになる。花を集めると、選べる検定が増えていくんだけど、うーん、集めている時間がない。ビジネスマナーや知識など、勉強したいことは山ほどあるし、ゲームしながら学ぶと楽しそうだけど、、、やっぱり、宝の持ち腐れになりそうだ。 ご、ごめん。...
2007/06/27 なあなあ
土曜日、美容院へ行った。「前と同じに切ってください」 と言ったのに、全然違うように切られて、裾は跳ねまくり。おまけにゴワゴワして艶はなくなるし、ショックでショックで、火曜日に直してもらいに行った。言いたいことは山ほどあったけど、面と向かっては「気に入らなくて……」「前のようにボブにしてほしい」と言うのがやっと。「うんわかった」 と切って直してくれたけど、やっぱり無理矢理ボブにしたので、ちょっと不自然。...
2007/06/23 感動のコンサート
恥ずかしながら、川畠成道さん のことは知らなかった。シャワーのように色んな音楽を聴きたい!という想いから聴きに行ったコンサートだった。 (いつもながらありがとうございます)完全に魅せられてしまった。最初に出す音から、本当に、一曲一曲魂を込めて自分が表現したい音楽が手に取るように伝わってきた。誰のものでもない、自分の音楽。こんな感覚は正直初めてだった。そして、音色のすごく綺麗なこと。特に、高音のpp(ピ...
2007/06/21 ダイエット・ネックレスG
いや~、夫とふたりで笑ってしまった。ただ身につけるだけで、信じられないほどヤセる!驚異の「ダイエット・ネックレスG」の広告。別人の写真に顔だけ挿げ替えた、合成写真だらけ。こんなモロインチキ広告に騙される人がいるのかなぁ?これは、明らかに詐欺じゃないのか。やっぱり、楽してヤセられないのよ。運動しなくちゃ。>自分&夫...
2007/06/20 花が咲いた
先月、芽が出ているのを見つけて感動した、ベゴニア。なんと、今日見たら、花が咲いていた。こんなに小さいのに、一生懸命 花を咲かせている。まるで 私みたいだわ。 と、またまた感動。んーーと、反論却下です。...
2007/06/19 エホバの証人
エホバの証人の信者が、輸血拒否して亡くなった。これが、帝王切開中の母親だというから、ちょっと驚いた。生まれてきた赤ん坊のためにも 「生きる」 ことより、宗教が大事なのか?避けられない死ならともかく、いや、信者にとっては、避けられない死だったのだろうか。OP室ナース時代にも、エホバの証人信者の手術を何度か経験したことがある。出血のそう多くない手術でも、ちょっとした緊張が走る。あるとき、輸血が必要になって...
2007/06/18 我が家にもWiiが
運動不足の私のために、夫が Wii を買ってきた。私のためになんてウソで、本当は自分が欲しかったわけで、そんなことは百も承知だけど、優しい妻の私は昔のカッコイイ夫に戻ることを期待して、騙されたフリをする。本当は、この財政難にゲームじゃないでしょっ!と思うけど、やってみると、これが結構面白い。3番を打ってただけあって(←私)、ホームランもポンポン。場外ホームランまで飛び出した。へっへっへー。米医療情報学会...
2007/06/17 医師の診断
グループホームには、「認知症」 という医師の診断がないと入れない。特養には、順番待ちでなかなか入れず、困った家族は、医師に 「認知症」 と書いてもらって入りやすいグループホームに本人を入居させる、、、ということがあると、噂には聞いていた。グループホームのスタッフが、そのことを疑問に思ってある医師に尋ねたら、その医師は、「医師が認知症と言ったら、認知症です」 と言い切った。そのくらい、医師の診断には権限...
2007/06/15 コムスン問題の黒幕
夕べ(というか今朝)、「厚労省も同罪」 だと書いたけど、もっと的確な表現を見つけた。そうよ、『黒幕』 なんだわ、厚労省は。 発信箱 : コムスン問題の黒幕...
2007/06/15 厚労省も同罪
今日(6/14)のクローズアップ現代。「コムスン商法 狙われた介護ビジネス」。介護保険施行当初、「保険あってサービスなし」 ではいけないから、国は、全国展開していたコムスンが好都合だったという。当時は、サービスを確保するのが先決で、事業所の指定も甘かったのだろう。ある離島では、それまで社協がしていた訪問介護を辞め、コムスンに補助金を出してしてもらっていたそうだ。その方が財源カットできるから。確かに、コム...
2007/06/14 コムスンは必要か?
今日飛び込んできた ニュース。といっても、想定内で驚きもしなかったけど。コムスンが、客獲得したケアマネに報奨金を渡していた件。企業なら当たり前の感覚だろう。独立して初めて住宅改修を依頼した建設業者に、紹介料として1万円渡された。手すり3本取り付けで。もちろん、そんなものはいらん!と受け取らなかったけど、ものすごく驚かれた。マージンを取らずにやっていけるのかと。数年前、デイサービスを開設した事業所には...
2007/06/13 男子は狙うもの?
面白い記事を見つけた。トイレに「的」広告。フマキラーが始める広告キャンペーンで、駅の男子用トイレに、特製「一発命虫」シールを貼って、広告効果と、環境美化意識の向上を期待しているらしい。「的があるとつい狙う」という男子の脆弱性を突いたんだと。男子は狙うものなのか?ふむふむ。4~5年前に聴いた、安曇野ちひろ美術館館長、松本猛さんの講演を思い出した。どこの国だったか、男子用小便器に、蝿のオブジェを埋め込ん...
2007/06/12 税金勉強会
コロコロ変わる税金制度についていけず、ケアマネ仲間を誘って、個人的に勉強会を開いた。講師を紹介してほしいと、いつもの市議さんに相談したら、「私が行きましょう」 と、快く引き受けてくださった。感謝(_ _)。そこでいただいたパンフレット。市議さんたちが中心になって作ったそうだ。知って得する制度について、わかりやすく書いてある。こんなのが欲しかったのよ!と大好評。これはオススメ。連絡先が読めるかしらん?連絡...
2007/06/11 ○○ケアマネジャー
市営住宅の 住宅改修の話をしたついでに、忘れられない思い出をひとつ。開業して約1年、2003年の5月のことだった。今度は、バリアフリー制度を知ってたから、申請をしに、独り暮らしの利用者さんの代わりに、支所へ行った。担当課で、「市営住宅に手すりをつけてほしいんですけど」と言うと、ロマンスグレーのお役人さんに「お宅は誰? ヘルパーさん?」 と聞かれた。「いいえ。 ケアマネジャーです。」「え? え? ケアマネジャ...
2007/06/10 県庁の星
ちょっと興味を持ったので、『県庁の星』 を観た。K県って、香川県の可能性が高くて、「満天堂」って、天満屋がモデルなのか~と驚いたのは置いといて、やっぱり、行政職員は民間企業で研修してほしいな~と思った。社保庁のずさんな管理も民間では考えられないし、お客さんは来て当たり前だから、待たせることも平気。2000年、介護保険が始まってすぐ、市営住宅の住宅改修をお願いしようと、市へ行った。介護サービス係へ行くと...
2007/06/09 椿山課長の七日間
今日は雷が鳴っていたので仕事にならず、DVDを観た。浅田次郎原作の、『椿山課長の七日間』。これが、結構面白かった。以前、似たようなテーマの芝居を観たことがある。(と、ここで何というタイトルだったか、検索……)そう、カトケンさんの、『煙が目にしみる』 だ。これは、めちゃくちゃお気に入り。あらすじを書くとつまらないのでカットするけど、私は、こういう泣き笑いの映画や芝居が好きだ。深刻なテーマを、ユーモアで伝え...
2007/06/08 住宅改修は何のため?
介護保険で住宅改修をする際、昨年度から、改修前にも申請が必要になり、理由書も、枚数が増え複雑になった。先日、更新研修を受けたときの、新発見。岡山市の理由書(2枚目)には、改修目的の欄に『介護者の負担の軽減』 の文言がないのだ。1枚目は、市独自のすこやかリフォームについての記載場所もあって、厚労省の様式とは少し違っているから自分でExcelで作ったのだけれど、まさか、2枚目まで違うとは気づかず、厚労省の様式...
2007/06/07 来たか、40肩
はい、ちょっとサバ読んでます。でもまだ、『50肩』 というには早いんですもん。今朝起きたら、右肩に激痛。黄金の右腕(?)が上がりにくい。もしかして、50 40肩?最近ストレッチ不足だからかも、と反省。今日はすごく眠くて頭が働かず、ちょっと15分と、お昼に目覚ましをして ソファにごろり。2~3回目覚ましが鳴ったけど、からだが起きず、結局1時間半寝てしまった。げっ。今日は夕方まで訪問がないので、ま、たまにはこんな...
2007/06/06 コムスン撤退か?
昼前の ニュース で知った。コムスンの 事業所更新不許可通知。2,081箇所から、2011年には426箇所になるそうだが、そこまで続けるとは思えない。さて、どう出るだろうか。早速、某新聞記者から電話が入った。コムスン使ってないですか?と。利用者さんの声が聞きたかったそうだ。コムスンを使っている事業所から、きのう、相談を受けたばかりだったのでそこを紹介しておいた。...
2007/06/03 介護のCM
今、仕事しながらサンデープロジェクトを聴いていたら介護のCM が流れてきた。 介護の仕事を志して入ってきた仲間が辞めていきます。 介護士は感じています。 この仕事に未来を託すということへの不安。 介護士にはこの国の介護の未来が見えません。 介護制度にあなたの声をください。 介護士が希望を失う前に。おお!その通りだ。公共広告機構か? それとも、日本介護福祉士会か?と思って 画面を見たら、そこには、『ベス...
2007/06/01 バリアフリー新法って
県営住宅は、1階でも、入り口までに階段が5~6段ある。林さん(仮名)は、両側ロフストランドクラッチ杖歩行で、両下肢装具をつけて、やっと歩行しているので、1階に住んでいるものの、この階段が結構しんどい。おまけに、手すりが途中で途切れているので、そこが不安でたまらないと言う。いや、これは 「手すり」 じゃなくて、「転落防止柵」だ。踊り場から見ると、こんなに怖い。それで、「手すり」 をつけていただこうと思って...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。