2006年11月の記事

--/--/-- スポンサーサイト
2006/11/30 お寺と私
お寺のことが出たついでに書くけど、私は、幼い頃から、よくお寺へ行った。花まつりや、いろんな行事があったし、大晦日には除夜の鐘をつかせてもらっていた。夏には、毎年のように「夏のつどい」があって、檀家の子どもたちが、大人数でお寺に泊まって遊んだ。これはとっても楽しい思い出。けど、それだけでなく、よく「お説教」を聴きに行ったのだ。父や母が行くときに、私も~と言ってついて行った。本堂で正座して、お坊さんの...
2006/11/29 無宗教葬をしたい
今、うちの合唱団で話題になっているのが葬式のこと。生前葬をしたいというメンバーがいて、住職に相談したら「そんなことするもんじゃない」と反対されたとのこと。団内で「人前結婚式」というのは、今までよくやってきて、私も、してもらったうちのひとりなんだけど、手作り葬式というのは、したくてもなかなかできない。まず、突然にやってくるから、準備も何もないし、何より、親族の説得が大変!生前葬をする?とこちらから言...
2006/11/27 方針転換~介護予防~
今年4月から、軽度者は介護予防になって、地域包括支援センターが担当することになった。厚労省は「介護予防は保健師が担うのが適当」として委託できるとは言うものの、ケアマネを全く信用せず、「ケアマネがいい加減でデタラメだからこういうことになる」と、制度の見直しについて言い放った。(2/10 シルバー新報)介護予防プランの報酬が低いこともあるけれど、それより、そんな厚労省の姿勢に対抗して、そんならその通りにやっ...
2006/11/26 いびき
今日、用事があって広島までバスで行ってきた。乗客に、いびきの激しい人がいて、参った。夫のいびきもかなり激しいけれど(地鳴りのよう)、毎日同じ布団で寝られる。これは、実家のみんなにビックリされるけど。赤の他人のいびきって、こううるさいものなのか。この前は、道中ずっとしゃべり続けていた男性がいた。それも、ふつうの音量で。男性同士で。通路を隔ててすぐ近くだったので、チラチラと見て迷惑光線を発射したけど、...
2006/11/25 お詫び
今頃 お詫びです。忙しさにかまけて、ずいぶん不精していた間に、たくさんの友人がブロードバンドの波に乗り(?)プロバイダを変えたり、ブログに移行されたりしてリンクを張らせていただいてたサイトが半分くらい「NOT FOUND」になってしまいました。それで、本家HPのリンクのページは削除して、相互リンクで繋がっているサイトのみ再びこちらにリンクを張らせていただきました。せっかく仲良くさせていただいていたのに、不精者...
2006/11/24 Drコトー診療所より~悪性高熱~
ストーリーもよくて、登場人物も味があって、映像がきれいなので、いつも観ている「Drコトー診療所」。先週観ていて、忘れられない事例を思い出した。「麻酔科医の悪夢」とも言われる、「悪性高熱症」。大学病院で、40年間OP室勤務していた上司でも、一度も遭遇したことがないという、とても珍しい病気に、私は転勤して1年目、地方の総合病院で遭遇した。もう、20年も前の話。小学5年生くらいの男児が、扁桃腺摘出術を受けるときだ...
2006/11/23 メモは文章で!
私がいつも首からぶら下げているもの、それはボールペン。電話がかかってきてもすぐメモできるように、というより、どこに置いたかいつも探してたので、ぶら下げるようになった。携帯ストラップにもミニボールペンをぶら下げている。それで、メモはきちんと(でもないか)するようにしてるのだけど、これが、後で見て、何のことやらわからないことがよくある。「月」と書いて、ぐるぐると丸で囲んであって、その隣に、「もう一度」...
2006/11/22 電話呼び出し音依存症?
最近、電話かなーと思って事務所に行くと、鳴ってなかったり、ピンポンと呼び鈴が鳴ったと思って玄関に行ったら、誰もいなかったりそういうことがよくある。幻聴か?と思って調べてみたら、「携帯呼び出し音依存症」という症状があることを知った。私は、携帯の呼び出し音に対しては幻聴?はないので、「電話呼び出し音依存症」ってなところか?外で洗濯物を干したりしているとき、いろんな騒音が電話の呼び出し音や呼び鈴に聴こえ...
2006/11/20 安倍さん、ヘンです
実は、小泉前総理を支持していたわけじゃないけれど興味本位でメルマガをとっていた。「らいおんは~と」。で、総理が交代したから終わりかと思っていたら、これが、頼みもしないのに勝手に「安倍内閣メールマガジン」が送られてくる。私も、配信中止メールを送ればいいのに面倒でそのままにしてたらこの前は、「教育基本法への想い」が載っていた。これがナンとも説得力のない文章なのだ。これが、今大変な、医療や福祉、年金など...
2006/11/19 ビデオレター
実は、数年前から、月2回某サークルの歌の指導に行っている。「指導」というほどのことはできてなくて、本当は、こちらが楽しく勉強させてもらっている、といった方が正しい。今日、練習中、メンバーの息子さん(東京在住)の友達が2人、わざわざ東京からビデオ撮影にやって来た。1週間前に入籍した息子さん夫婦の「結婚を祝う会」をするために、当日用事で出席できないお母さんの様子を撮影に来たわけだ。メンバー全員による歌の...
2006/11/18 大きくしてみた
なぜ ブログをなかなか始めなかったかというと、ブログは字が小さいからなのだ。どうも読むのがしんどい。白髪のない私も(←ココ自慢)、どうやら老眼がやってきたみたいで、ディスプレイを見ると、目がシパシパし出した。携帯も少し離した方がよく見え出した。ショック・・・!気分を変えて、ブログのテンプレートを替えてみたら、ますます字が小さくなった。うーん、見辛い(>_...
2006/11/17 タルト
今日、訪問した事業所で、社長さんの出張土産のおすそ分けをいただいた。懐かしいタルト!これが、ひとくちサイズでかわいい!これなら食べやすいかも。愛媛生まれの私にとって、お菓子といえば、「タルト」か「母恵夢」だった。岡山に来て間もない頃、友達がレストランで「タルト」を注文したのでビックリしたけどこれが、パイ皮にクリームと果物がたっぷり乗ったおしゃれなお菓子がやってきてまたまたビーーーーックリ!! もの...
2006/11/16 表示のトリック
「表示のトリック」の話が出たので、思い出した話題をひとつ。9月に朝日新聞からこんな記事が出された。   介護保険の利用者数は01年度以降、毎年約11~17%の割合で  増えてきた。伸び率が鈍化したことについて厚労省は「制度が浸透  し、サービス提供業者による利用者の掘り起こしが一段落したこと  などが影響しているのではないか」としている。    年間を通して介護保険を利用している人は231万9000人。  要介...
2006/11/15 効くのか?グッスミン
我が家に こんなものがあった。『翌朝すっきり グッスミン』「何これ?」「あんたは飲んだらいけんよーーっ!」と慌てる夫。「あんたが飲んだらますます朝起きれんから」そうなのだ、私は低血圧で、朝は苦手。けど、このかた不眠症には全く縁がないので、そんなものは必要ない。「どしたん?眠れんの?」「いや、朝方いつも途中で起きるから」ちょい待ちー。そりゃ違うやろ。そろそろ前立腺肥大じゃないんかい?私が診察してあげ...
2006/11/14 「pH調整剤」って知ってますか?
今日届いたAERAに、ちょっと不安なことが載っていた。「無添加」というトリック (AERA No.54)コンビニやスーパーの加工食品から 「保存料」 は確実に姿を消しつつあるけれど、その「代役」の添加物がひそかに活躍しているという。そのひとつが 「pH調整剤」。食品のpHを4.5~5程度の軽い酸性にすることで、細菌の増殖を抑えて保存性を高めるものだそうだ。このpH調整剤には食品衛生法で決められた使用基準がなく、また、30種類以...
2006/11/13 県へ陳情に行く②
なぜ、いきなり②なのかというと、実は、7月に行った続編だからなのだ。今年から、「介護サービス情報の公表」なんて制度ができて、これが例によって、典型的な、お上が考えたお粗末なシロモノ。「利用者が選択しやすいように」作ったというのに、利用者側の意見は何も聴かず、内容はとんでもなくお粗末なのに、事業所の費用負担がとんでもなく高い!サービスの質向上のため事業所が任意で受ける「第三者評価」とは違う、としながら...
2006/11/12 納得いかない言葉②
もうひとつおかしいなーと思ってしまうのが、「自立を助長する」これは、「生活保護法」に、何度も出てくる。第1条(この法律の目的)から出てくる。 (再認識するために全部書いてみるが)  この法律は、日本国憲法第二十五条に規定する理念に基づき、  国が生活に困窮するすべての国民に対し、その困窮の程度に応じ、  必要な保護を行い、その最低限度の生活を保障するとともに、  その自立を助長することを目的とする...
2006/11/11 納得いかない言葉①
福祉の勉強をしていて、どうしても納得いかない言葉がある。「介入」検索してみると、看護の分野でも最近多く用いられているようだ。「看護介入分類(NIC)」なるものがあって、それに関する本も何冊も出ている。ちょっと待ってほしい。看護や介護って「介入」じゃないはず。「介入」は、広辞苑によると、「問題・事件・紛争などに、本来の当事者ではない者が強引にかかわること」となっており、intervention(介入)は、辞書で「介...
2006/11/10 万波先生といえば、
病気腎移植で一躍有名になった、万波兄弟。実は、この弟医師に、B太郎は手術してもらったことがあるのだ。まだ小学3年生くらいだったか、夕方、タマタマが痛いというので、見たら、これが尋常でない!真っ赤に腫れ上がっていた。これは緊急を要す!と、急いで病院へ連れて行った。夜間診は内科しかなくて、内科の先生も困って、誰かを探しに行かれた。すぐに、元外科医で泌尿器科に転身されたばかりの先生を連れて来られて、緊急外...
2006/11/09 あわや火事
2日前から風邪を引いて、きのうは熱を出して寝込んでしまった。節々が痛いし、頭がぼーっとして集中力がない。それで、またやってしまった、鍋焦がし。そのせいだと思いたい。鍋を焦がして廃棄したこと、数知れず……。(^_^;やっぱり風邪のせいじゃないかも?うぅぅ。火にかけていたことを忘れ、ついうとうとと。電話がかかってきて起きたときには、部屋中煙だらけ。うわーーっ。今年6月から火災報知器の設置が義務付けられて、一応...
2006/11/07 マンホールの旅【鯖江】
福井県鯖江市内を歩いていて、こんなものを見つけた。稲を刈り取った株から、また稲が実っているのだ。(穂が見えるかな?)調べてみたら、「ひこばえ」というらしい。今年は、秋になっても暖かかったから、ひこばえも実った、ということのようだ。こちらは、我が家の田んぼ。稲刈りが遅いから、「ひこばえ」はこの程度。あんな「ひこばえ」を見ることができて、ラッキーだったかも。それで、鯖江にあったマンホール。これはえらい...
2006/11/06 マンホールの旅【福井】
実は私、マンホールが好きで、何年か前からマンホールの写真を撮りだめている。福井でも見つけたので、これから少しずつ紹介していこうと思います(^-^)。これは一体何の鳥なんだろーと調べたら、どうやら、不死鳥(フェニックス)らしい。たくさんの災害を乗り越え、不死鳥のように発展してきた街、ということなのかな?助け合いの精神が育ってるのでしょうね、皆さんとってもあったかかった。駅員さんも。福井市の市章が入ったマ...
2006/11/05 とりあえず入賞
音楽三昧の3日間が終わって、さて気持ちを切り替えて仕事仕事。といっても、福井滞在中も じゃんじゃん電話がかかってきた。24時間いつでも連絡とれるところが、独立事業所としてのうちの特徴。早朝だろうが 夜中だろうが かかってくる。自分自身、後でかけようと思うと忘れることがよくあるので「思いついたときにかけてくれていいですよ」と言ってあるのだ。「常に拘束されててかなわんね」と言ってくれる人もあるけれどこれが全...
2006/11/02 電力線通信ってどうよ
実は、うちは、まだISDNなのだ。もうずーーーーっとこれだから、遅い!とイライラすることもない。ドーナツでいえば、「まぶしてある砂糖」なので、県庁所在地なのに、光はまだ来ていない。ADSLは、何とかやっと来たみたいだけど、繋ぎとして利用するにはもったいなさすぎる。というのも、仕事で絶対ISDNが必要だからだ。毎月、国保連に介護報酬を請求するわけだが、国保連がISDNでないとダメーと言うのだ。そんなはずはない、とNT...
2006/11/01 編曲の楽しみ
必要に迫られて始めた編曲だが、これが思いのほか面白い。バランスの悪さを上手くごまかして、上手に聴こえるように編曲する。これが面白い。うちの合唱団は、ソプラノ:アルト:テノール:バスが、1:1:1:1で、ソプラノが少なすぎて、市販の楽譜をもってきても歌えないのだ。また、他の合唱団の演奏がよかったからと楽譜をもらっても、そのまま歌うことはまずない。専門家に委嘱しても、気に入らない部分があっても、直してもら...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。