医療 の記事

--/--/-- スポンサーサイト
2011/12/30 自然に死ねない
今朝7時50分、ご家族から様子がおかしいと電話があって利用者さん宅へ行った。20分後着いた時には顔は土色で意識もなく血圧も測れず呼吸も心拍も停止していた。朝食を自分で食べ「薬を飲む?」と言ったら「いい」と言ってそのまま後ろに倒れたらしい。まだ温かい。主治医には連絡が取れず、仕方がないから119に電話したら、到着するまで心マッサージをせよとの指示。尿毒症症状があって死は自然だったのでこのまま静かに死なせてあ...
2010/09/04 暑いけどなぜか元気
今日も暑い!8月の平均気温が最も高かったのが岡山と大阪らしい。暑いはずだ。 → 今年の夏、30年に一度の異常気象~気象庁なのに、なぜか今年は元気なのだ。毎年夏はだるくてしんどくてバテているのに、今年はすこぶる体調がイイ。なぜだろう?と考えた。たぶん、利用者さんに勧められて飲んだこの薬のせいかも?薬は嫌いで、特にサプリは怖くて全く飲まない。そんな私を飲む気にさせたのは、90歳の利用者さん。とっても元気で去...
2010/08/30 またひとつ患者経験
3週間くらい前から右膝が痛くて、はっきりした原因は記憶になく、膝痛が負担になってか足首まで痛くなったので忙しいけど病院へ行ってきた。レントゲンを撮って、やっぱり関節炎。うーん、運動不足による筋力低下と老化現象か。関節穿刺をして水を抜いたら18ccあった。それからヒアルロン酸を関節内注射。何だかオバサンの仲間入りをした気分。忙しかったのでリハビリはパスして説明書だけもらって帰った。先週はA利用者さんのお宅...
2009/11/07 キニナル発音
どーでもいいことだけど、朝日の土曜版に「ギネ」のことが載ってたから思い出して書く、ずっと気になっていたこと。この「ギネ」のイントネーション、TVでの発音が標準なのか?どうも違和感があってたまらない。いつも使っているのはTVとは反対、ちょうど「ギ」と「ネ」の音程が入れ替わった感じ。標準語と関西弁のイントネーションが違うように東京ではこんな言い方してるの?もしかして、「ウロ」もウロって上がるのか?...
2009/08/02 胃瘻の良し悪し
最近、ケアマネ仲間でよく話題に上るのが胃瘻について。まだまだ経口摂取でいけるのに、嚥下困難があって嚥下食だとデイやショートはなかなか受け入れてもらえない。まだ胃瘻の方が受け入れてもらいやすいのが現実だ。施設入所も、胃瘻をせずに点滴で水分や栄養分を補給するとなると、まず無理だ。特養や老健に入るには胃瘻をしないと難しいしかといって、看護体制が整っていないと胃瘻をしていてもなかなか受け入れてもらえない。...
2009/07/18 せきぜんそく
今日届いたAERAを読んで、スッキリ納得!長年続いた私の咳は、「せきぜんそく」だった。風邪を引くとその後2~3ヶ月咳が続く。以前もここに書いたけど → 「喘息?」今年久しぶりに風邪を引いて、5月半ばからずっと咳が続き、やっと最近治ったところ。今年は新型インフルエンザが流行ったので咳をしていたら受ける視線の冷たかったこと。まだまだ認知度が低くて、放置していたら気管支喘息に移行するリスクが高いそうなので風邪を引...
2008/10/16 エンゼルケア
全く耳慣れなかった「エンゼルケア」。「死後の処置」のことらしいが、「エンゼル」といえば、「エンゼルプラン」の方が耳慣れているので、何とも違和感。「エンゼルプラン」とは、平成6年に厚労省が出した、「今後の子育て支援のための施策の基本的方向について」という少子化対策なので、死後云々とはかけ離れている。なぜ死後の処置のことが「エンゼルケア」と呼ばれるようになったのか?調べてみたら、ある会社が命名したと言...

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


自然に死ねない

今朝7時50分、ご家族から様子がおかしいと
電話があって利用者さん宅へ行った。
20分後着いた時には顔は土色で意識もなく
血圧も測れず呼吸も心拍も停止していた。
朝食を自分で食べ「薬を飲む?」と言ったら
「いい」と言ってそのまま後ろに倒れたらしい。
まだ温かい。

主治医には連絡が取れず、
仕方がないから119に電話したら、
到着するまで心マッサージをせよとの指示。
尿毒症症状があって死は自然だったので
このまま静かに死なせてあげたかったけど、
形だけの優しい心マッサージをした。

ところが、救急隊員が来たら
慌ただしく心マッサージをし
口腔内残渣を吸引して挿管しようとする。
隊員に「早くしろ」と罵声を飛ばしながら。
延命は希望してなかったので
本人と家族の意思を伝えると
「我々は救命する使命があります」
と言って取り合わない。
搬送先のDrの指示を受けながら
手際よく挿管して連れていった。

せっかく本人の希望通り
ピンピン(でもないけど)コロリといけて
よかったなと思ったのに、
なかなか自然に死なせてもらえない。

救急車に乗る前、ご家族に
「人工呼吸器は希望しませんて言うんよ」と
言ったけど、押し切られたようで、
案の定、病院で人工呼吸器に繋がれ復活した。
でも、持っても1日だと。

こんなに急に悪くなるとは…。油断していた。
緊急時の対策が不十分で猛省。

しかし、、、

救急救命士って本人や家族の意思は無視なの?
挿管は希望してないと訴えたのに、、、。
91歳で寝たきりで、本人も家族も望んでないのに
マニュアル通りの対応が医療費の無駄を
生んでるんじゃないのか。


スポンサーサイト

暑いけどなぜか元気

今日も暑い!
8月の平均気温が最も高かったのが岡山と大阪らしい。
暑いはずだ。 →
今年の夏、30年に一度の異常気象~気象庁

なのに、なぜか今年は元気なのだ。
毎年夏はだるくてしんどくてバテているのに、
今年はすこぶる体調がイイ。
なぜだろう?と考えた。たぶん、
利用者さんに勧められて飲んだこの薬のせいかも?

薬は嫌いで、特にサプリは怖くて全く飲まない。
そんな私を飲む気にさせたのは、90歳の利用者さん。
とっても元気で去年までゴルフにも行っていた。
その彼がこれを30年間飲んでいると言う。
彼の元気の源はこれに違いない!
30年間飲んでこんなに元気なら安心だし。
と、7月のモニタリング訪問後から飲み始めた。

1ヶ月間は飲む量を間違えたけれど(1回分を1日量と)
それでもすごく元気だった。恐るべし。
もうしばらく飲んでみよう。

強力わかもと

今年の夏、30年に一度の異常気象~気象庁

 暑さが続く中、京都・舞鶴では1日、最高気温38.3℃を記録した。気象庁は1日、
8月末までの天候まとめを発表し、30年に一度の「異常気象」と認めた。
 気象庁は、気温などで30年に一度程度の記録更新があった場合、「異常気象」と
認定するが、この夏の気温の高さを「異常気象」と認めた。
 気象庁の統計によると、各地で猛暑が続いた8月は、全国にある154の観測点の
うち半分の77か所で平均気温が観測開始以降、最も高くなった。全国の観測地で
最も高かったのは岡山と大阪で、8月の平均気温が30.5℃とこれまでの国内の
記録30.3℃を0.2℃上回り、国内の記録を更新した。
 さらに、6月から8月までの3か月間の夏の期間でも、観測地点の3分の1にあたる
55地点で観測開始以降、最も高くなった。
 東京の平均気温も27.1℃と、1875年の観測開始以来、最高だった。
 この暑さの理由について、気象庁は、寒気が入らなかったこと、梅雨明け後も偏西
風が北に偏り、勢力の強い高気圧に覆われる日が続いたためと分析している。
(C)日テレNEWS24 9/1 19:48


またひとつ患者経験

3週間くらい前から右膝が痛くて、
はっきりした原因は記憶になく、
膝痛が負担になってか足首まで痛くなったので
忙しいけど病院へ行ってきた。

レントゲンを撮って、やっぱり関節炎。
うーん、運動不足による筋力低下と老化現象か。
関節穿刺をして水を抜いたら18ccあった。
それからヒアルロン酸を関節内注射。
何だかオバサンの仲間入りをした気分。
忙しかったのでリハビリはパスして
説明書だけもらって帰った。

先週はA利用者さんのお宅で、
膝が痛いから足を崩させてねと言ったら、
私は1割だからあげるあげると言って湿布をくれた。
でも、○ーラステープってきついんですね、
2~3回貼ったら皮下出血が点々と。すぐやめた。

今日診察後訪問したB利用者さんも膝関節痛。
今日の受診話をしたらとっても嬉しそうに
あんたもかなーと喜んでくれた。
喜ばしいことじゃないんだけどな。(^_^;)


キニナル発音

どーでもいいことだけど、
朝日の土曜版に「ギネ」のことが載ってたから
思い出して書く、ずっと気になっていたこと。

この「ギネ」のイントネーション、
TVでの発音が標準なのか?
どうも違和感があってたまらない。

いつも使っているのはTVとは反対、
ちょうど「ギ」と「ネ」の音程が入れ替わった感じ。
標準語と関西弁のイントネーションが違うように
東京ではこんな言い方してるの?
もしかして、「ウロ」もウロって上がるのか?


胃瘻の良し悪し

最近、ケアマネ仲間でよく話題に上るのが
胃瘻について。

まだまだ経口摂取でいけるのに、
嚥下困難があって嚥下食だと
デイやショートはなかなか受け入れてもらえない。
まだ胃瘻の方が受け入れてもらいやすいのが現実だ。

施設入所も、胃瘻をせずに点滴で水分や栄養分を
補給するとなると、まず無理だ。
特養や老健に入るには胃瘻をしないと難しいし
かといって、看護体制が整っていないと
胃瘻をしていてもなかなか受け入れてもらえない。

高齢になって、嚥下困難になり衰弱していくのは
自然の摂理と思うけれど、
それを許さないのが医学なのか?
施設入所者が誤嚥性肺炎で入院したら、
すぐ胃瘻造設して退院してくる、と言う施設相談員。

家族が胃瘻をせずにがんばると言うと
周りが冷たく感じるのは気のせい?
そりゃ胃瘻をした方が介護する方は安心だし楽だ。
でも、本人の尊厳のため、
敢えて困難な道を選択した家族を私は応援したい。


せきぜんそく

今日届いたAERAを読んで、スッキリ納得!
長年続いた私の咳は、「せきぜんそく」だった。
風邪を引くとその後2~3ヶ月咳が続く。
以前もここに書いたけど → 「喘息?」
今年久しぶりに風邪を引いて、
5月半ばからずっと咳が続き、やっと最近治ったところ。
今年は新型インフルエンザが流行ったので
咳をしていたら受ける視線の冷たかったこと。

まだまだ認知度が低くて、放置していたら
気管支喘息に移行するリスクが高いそうなので
風邪を引いたら早めにステロイド薬などの
吸入を始めた方がよいそうだ。よしっ
咳止めが効かない!増える咳喘息
増える「せきぜんそく」長引くせき、放置は禁物
長引く咳にご注意!咳喘息


エンゼルケア

全く耳慣れなかった「エンゼルケア」。
「死後の処置」のことらしいが、
「エンゼル」といえば、「エンゼルプラン」の方が
耳慣れているので、何とも違和感。
エンゼルプラン」とは、平成6年に厚労省が出した、
「今後の子育て支援のための施策の基本的方向について」
という少子化対策なので、死後云々とはかけ離れている。

なぜ死後の処置のことが
「エンゼルケア」と呼ばれるようになったのか?
調べてみたら、ある会社が命名したと言っている。
ココ

エンゼルケアセットなるものを売り出して、
それを病院の看護師が使うようになって
エンゼルケアという名前が広まっていったのか?
看護の書物にも使われているみたいだから
もっと使われていくのかもだけど、何とも変。

グリーフケアや、ターミナルケアは
意味がわかりやすいけれど、
言葉だけじゃ意味がわからない。
子どもに関係することかと思ってしまった。
もっとも、「エンゼルプラン」という命名も
エンゼルパイがそこにあったからというノリらしくて、
命名なんていい加減なものなのかも。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。