不服申立 の記事

--/--/-- スポンサーサイト
2007/01/31 想定外?
先週、認定審査の件で要望書を出しに行って、改善に向けて一歩前進した手ごたえがあった。私ひとりの要望書に、課長さんや所長さんら、5人も来てくださって、恐縮。円満に話し合いができてよかったものの、ひとつひっかかることがあった。このケースは、「非常にレアなこと」、「想定していない」、「想定外のこと」 と何度も言われるのだ。医療現場で働く者にとって、こういう事例は、「想定内」だと、きっと誰もが認識しているだ...
2007/01/16 利用者の代弁者として
私が、仕事の上でいつも意識しているのは「利用者の代弁者」であること。ケアマネは、「行政の代理人」ではない。ケアマネに限らず、どっちを向いて仕事をしているのか、おかしいと思う人によく出くわすけれど、自分は、常に「利用者の代弁者」であり続けたいと思う。市議さんが親身になってくれて、一緒に課長と話し合いを持つことになった。で、直接、要望書を提出することに。管轄の福祉事務所にしたら、不愉快な話かもしれない...
2007/01/15 審査請求取り下げ?
年末に行った不服申立(審査請求)について、福祉事務所から、取り下げてはどうかと今日提案があった。主治医も認識しているし、その方が速いからと。訪問調査は生きて(やり直さず)、主治医意見書だけ再提出してもらうとのこと。やっぱりお役所ですね。事なかれ主義というか。利用者さんにとって、長引くのもよくないので一応了承したけれど、不服申立の意図がうやむやにされるのは不本意なので、要望書を書いた。さて、これは、...
2006/12/29 主治医と面談
田中(仮名)さんの主治医意見書のことで、いきなり福祉から話がいくよりも、先に、主治医に会って話をした方がいいと思い、診療所へ行ってきた。よく似た名前の患者さんと間違えて意見書を書いていたことに気づいて、「ぼくが悪かった、電話して謝るわ」と福祉事務所に電話しようとされたので、「先生、福祉は今日からお休みですー」と止めた。認定審査会に対して、「言ってくれたらいいのに」と言われた。私も、そう思う。不服申...
2006/12/27 医師はそんなに偉いのか?
要介護度を決めるための「介護認定審査会」。本人を見ず、紙切れ2~3枚で生活や人生をも左右する判定を出すのだから書類については、慎重に扱ってほしいと思う。認定審査会運営要綱には、ちゃんとこう記されている。 2) 審査及び判定の手順   基本調査の結果を、特記事項及び主治医意見書の内容と比較  検討し、基本調査の結果との明らかな矛盾がないか確認する。   これらの内容に不整合があった場合には再調査を実施...
2006/12/24 手ごわい不服申立
今までにも、不服申立をしようとしたことは2回あった。1回は、要介護1から非該当になった利用者さんが納得いかないと言って。もう1回は、つい先日、要介護2から要支援2になってこれは誰がみてもおかしいし、本人も希望して。ところが、2回とも、窓口で職員から「不服申立はやめた方がいいですよ」と言われたのだ。審査請求をするのは、書類が多く煩雑で、おまけに、結果が出るのにかなり時間がかかるので、たいていの人が途中でギ...
2006/12/23 初めての不服申立
12月から「要支援1」になった、田中(仮名)さん。主治医意見書を資料請求して、ビックリ仰天した。認知症の記載がないだけでなく、片麻痺はあるわ、褥瘡はあるわ、胃瘻をしてるわ、寝たきりで寝返りもできなくて(C2)、意思疎通困難となっている。田中さんは、認知症以外大した疾患もなく、もちろん歩ける。杖なしで。週1回デイサービスに通っている。意見書の名前は、確かに田中さんになっているが、内容は、全く別人のものだっ...

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


想定外?

先週、認定審査の件で要望書を出しに行って、
改善に向けて一歩前進した手ごたえがあった。
私ひとりの要望書に、課長さんや所長さんら、
5人も来てくださって、恐縮。
円満に話し合いができてよかったものの、
ひとつひっかかることがあった。

このケースは、「非常にレアなこと」、
「想定していない」、「想定外のこと」 と
何度も言われるのだ。

医療現場で働く者にとって、こういう事例は、
「想定内」だと、きっと誰もが認識しているだろう。
患者を間違えて注射をしたり、手術までしたり、
あってはならないことだけど、有り得ることなのだ。
だから皆、激務の中、間違えないようにと
神経をすり減らしている。

「医師が患者を間違えるはずがないと思っている」
と、何度も言われたけれど、
そこの意識を、ぜひ変えて欲しいと思った。
例外として片付けられては困るのだ。
ヒヤリハット事例として、
改善していくいい機会にしないと。


スポンサーサイト

利用者の代弁者として

私が、仕事の上でいつも意識しているのは
「利用者の代弁者」であること。
ケアマネは、「行政の代理人」ではない。

ケアマネに限らず、
どっちを向いて仕事をしているのか、
おかしいと思う人によく出くわすけれど、
自分は、常に「利用者の代弁者」で
あり続けたいと思う。

市議さんが親身になってくれて、
一緒に課長と話し合いを持つことになった。
で、直接、要望書を提出することに。

管轄の福祉事務所にしたら、
不愉快な話かもしれない。でも、これは、
一福祉事務所だけのことではないこと。
干されるかもしれないけど、進むしかない。
私は、「利用者の代弁者」だから。


審査請求取り下げ?

年末に行った不服申立(審査請求)について、
福祉事務所から、取り下げてはどうかと
今日提案があった。
主治医も認識しているし、その方が速いからと。
訪問調査は生きて(やり直さず)、
主治医意見書だけ再提出してもらうとのこと。

やっぱりお役所ですね。事なかれ主義というか。
利用者さんにとって、長引くのもよくないので
一応了承したけれど、
不服申立の意図がうやむやにされるのは
不本意なので、要望書を書いた。

さて、これは、誰宛に出すべきか。


主治医と面談

田中(仮名)さんの主治医意見書のことで、
いきなり福祉から話がいくよりも、先に、
主治医に会って話をした方がいいと思い、
診療所へ行ってきた。

よく似た名前の患者さんと間違えて
意見書を書いていたことに気づいて、
「ぼくが悪かった、電話して謝るわ」と
福祉事務所に電話しようとされたので、
「先生、福祉は今日からお休みですー」と止めた。

認定審査会に対して、「言ってくれたらいいのに」と
言われた。私も、そう思う。
不服申立のいきさつについてお話し、
申立てすることに対して、了承していただいた。

認定審査会の「議事録」を資料請求してみると、
主治医の判定が「わかりにくい」との記述がある。
しかし、主治医に照会は行わず、
基本調査が変更なく、二次判定になっている。

これって、やっぱりおかしい。
これだけ基本調査と主治医意見書の情報が違うのに、
そしたら主治医意見書は必要ないことにならないか?
全く無視してるんだから。

不服申立を行うことで、運営要綱にもあるように、
主治医への照会もできるように(するように)
改善されることを期待したい。


医師はそんなに偉いのか?

要介護度を決めるための「介護認定審査会」。
本人を見ず、紙切れ2~3枚で
生活や人生をも左右する判定を出すのだから
書類については、慎重に扱ってほしいと思う。
認定審査会運営要綱には、ちゃんとこう記されている。


 2) 審査及び判定の手順
   基本調査の結果を、特記事項及び主治医意見書の内容と比較
  検討し、基本調査の結果との明らかな矛盾がないか確認する。
   これらの内容に不整合があった場合には再調査を実施するか、
  必要に応じて主治医及び認定調査員に照会した上で基本調査の
  結果の一部修正が必要と認められる場合には、調査結果の一部
  修正を行う。

しかし、認定審査会が主治医に照会することはない!
私ら認定調査員に聞くことはあっても。
これは全国的な傾向だ。なぜ医師には聞けないのか?

今回の「利用者取り違え事件」にしても、
主治医に確認すれば、「あ、間違えてました」と
本人のを書き直してくれたと思う。
それでも、認定審査員をしている人は、
医師には言えないと口を揃えて言う。

医師ってそんなに偉いのか? 今日、TVで、
C型肝炎患者が、医師にカルテ開示を求めたら、
「誰に言ってるんだ!私を誰だと思ってるんだ!」
と、医師が激怒したと言っていた。

こんな医師ばかりじゃないとは思うけれど、
医師には物が言えない雰囲気を作っている。
いや、雰囲気なんかじゃなくて、圧力かもしれない。


手ごわい不服申立

今までにも、不服申立をしようとしたことは2回あった。
1回は、要介護1から非該当になった利用者さんが
納得いかないと言って。
もう1回は、つい先日、要介護2から要支援2になって
これは誰がみてもおかしいし、本人も希望して。

ところが、2回とも、窓口で職員から
「不服申立はやめた方がいいですよ」と言われたのだ。
審査請求をするのは、書類が多く煩雑で、
おまけに、結果が出るのにかなり時間がかかるので、
たいていの人が途中でギブアップするのだそうだ。

それで、不服申立より、区分変更申請の方が速いし、
簡単だからと勧められて、変更申請を出す。
これは、私だけでなく、全国的に多いこと。

道を開いてますよーと言いながら、本当は、
拒否していると思えるようなしくみになっている。
岡山県では、6年間で、県介護保険審査会まで
上がったのは、たったの12件だそうだ。
そして、そのうち、審査請求人が勝利したのは、
わずか4件という。かなり手ごわいのだ。

しかし、今回の不服申立は絶対勝つと確信している。
もし、認定審査をやり直して、
また要支援1になったとしても、
不服申立することに意義があると思っている。


初めての不服申立

12月から「要支援1」になった、田中(仮名)さん。
主治医意見書を資料請求して、ビックリ仰天した。

認知症の記載がないだけでなく、
片麻痺はあるわ、褥瘡はあるわ、胃瘻をしてるわ、
寝たきりで寝返りもできなくて(C2)、
意思疎通困難となっている。

田中さんは、認知症以外大した疾患もなく、
もちろん歩ける。杖なしで。
週1回デイサービスに通っている。

意見書の名前は、確かに田中さんになっているが、
内容は、全く別人のものだったのだ!
たぶん、主治医の勘違いで、
別人のカルテを見て書いたのだろう。

そういうことは、まあ有りうることかもしれない。
特に、申請時しか受診しない人は、印象も薄いだろうし。
それはまあいいとして、不思議なのは、
訪問調査票と主治医意見書が
こんなにもかけ離れて違っているのに、
何の問い合わせもなく、認定結果が出ていることだ。

もしかしたら、おかしいと思いながら、
前回の判定を参考に決められたのかもしれない。
それにしても、あまりにもいい加減ではないか?
認定審査会に対する信用が、ガタ落ちである。
他の人もちゃんとしてくれているのか、疑いたくなる。

本人の主治医意見書で審査をやり直してもらいたい
と思い、不服申立をすることにした。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。