キャンピングカーの旅 の記事

--/--/-- スポンサーサイト
2011/09/14 桜島噴火
今日の写メから。桜島が噴火したと。なんと、今年660回目だそうだ。地元の人は大変だなぁ。地震に津波に大雨に噴火に…、おまけに原発事故に…。大変なところだらけ…。...
2011/09/12 B太郎トンネル
今の時期はブドウも終わり稲刈りには早い比較的 暇な時期。去年、一昨年と 北海道へ行ったので今年は南へ行こうということになり、といっても、私は仕事の段取りがつかず夫ひとりで出かけて行った。1週間の車中泊の旅。今ここにいる~と写メを送ってくる。温泉大好き人間。それなら B太郎トンネルが近いから写真撮ってきて~と返信。早速B太郎に転送しておいた。あ、またメールが来た。...
2010/10/24 上高地~白骨温泉
朝起きたら雨が降ったり止んだり。6時のバスで上高地へ。大正池で降車。上高地帝国ホテル。河童橋に向けて散策。晴れてたら残雪の穂高連峰が見えるところ・・・。残念!河童橋。でも、雨が降った後なのに水は綺麗。河童橋の真上で、「6~7時間もかけて来て、見るのは10分か~」と話している4人グループがいたので思い切って「どちらからですか?」と声をかけてみた。そしたら、何と、「岡山です」と。「えー!私らもです」「岡山のど...
2010/10/24 糸魚川~安曇野
盛岡から高速に乗って、五百川PAで泊まって、翌朝はあいにくの雨。糸魚川から安曇野への道が北アルプスが綺麗に見えるからといって、糸魚川に大雨警報が出ていたのにルート変更せず突き進む。雨は大したことなかったけど、次の日には通行止めになったらしくて、危なかったー。北アルプスは見えなくて残念。大町は晴れていたけど山の頂は見えず。大町温泉郷の薬師の湯に入って、安曇野ちひろ美術館へ。大王わさび農場へ。まだまだ広...
2010/10/05 奥入瀬~玉川温泉
朝一番に酸ヶ湯温泉のヒバ千人風呂に入った。総ヒバ造りの大浴場で混浴。初めての混浴は勇気が要って、のんびり浸かる余裕もなかった。それから森の中を走って走って、奥入瀬渓流へ。あちこちにたくさん滝があって、大きな滝もあって、見所がいっぱいあった。またいつかゆっくり歩いて散策したい。十和田湖。遊覧船に乗る予定だったけれど天気が今ひとつだったのでやめて、十和田湖のマンホール。秋田県に入って、和井内からの十和...
2010/10/02 函館~青森
函館2日目はとてもいい天気。幼稚園前のカーブミラーは花形。函館ハリストス正教会の屋根と、函館山とロープウェイがうまく写っているの、わかるかな。偶然撮れた。基坂。函館は坂道が多くて、道幅が広い。八幡坂。昔から小さな火事でも浜風に煽られ大火になって町が何度も焼失したことからこのように道幅を広くしたそうだ。と、帰宅2日後、NHK「美の壺」でやっていた。1階が和風、2階が洋風という家も特徴のようで、旅行に行く前...
2010/09/30 小樽~函館へ
北海道~本州縦断の旅から帰って1週間。仕事に追われ、まだまだ片付いていないけど忘れないうちに書き留めておきます。18日晩、小樽に着いて走ること3時間半。それでも函館には着かず、八雲PA泊。北海道って本当に広い。ここは静かでトイレも綺麗で湯は出るし快適。翌朝起きて函館までの道中、いきなり馬車に遭遇。目指すは大沼公園にある、流山温泉へ。パラパラと雨が。函館に着くと雨も止んでて、祭典に参加。祭典後、浅井先生に...

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


桜島噴火

今日の写メから。
桜島が噴火したと。


桜島噴火

なんと、今年660回目だそうだ。
地元の人は大変だなぁ。

地震に津波に大雨に噴火に…、
おまけに原発事故に…。
大変なところだらけ…。


...READ MORE
スポンサーサイト

B太郎トンネル

今の時期はブドウも終わり稲刈りには早い
比較的 暇な時期。
去年、一昨年と 北海道へ行ったので
今年は南へ行こうということになり、
といっても、私は仕事の段取りがつかず
夫ひとりで出かけて行った。
1週間の車中泊の旅。

今ここにいる~と写メを送ってくる。
温泉大好き人間。
それなら B太郎トンネルが近いから
写真撮ってきて~と返信。
早速B太郎に転送しておいた。


B太郎トンネル

あ、またメールが来た。
ナイアガラ


上高地~白骨温泉

朝起きたら雨が降ったり止んだり。
6時のバスで上高地へ。
駐車場2

大正池で降車。
大正池

上高地帝国ホテル。
上高地帝国ホテル

河童橋に向けて散策。
上高地

晴れてたら残雪の穂高連峰が見えるところ・・・。
残念!河童橋
河童橋1

でも、雨が降った後なのに水は綺麗。
河童橋2

河童橋の真上で、
「6~7時間もかけて来て、見るのは10分か~」
と話している4人グループがいたので
思い切って「どちらからですか?」と声をかけてみた。

そしたら、何と、「岡山です」と。
「えー!私らもです」
「岡山のどちらですか?」
「岡山市内です」
「えー!私らもじゃ、岡山市の○○○」
「えー!私も○○○です」
とまあ、えらい遠方で近所の人にお会いした。
これから草津へ行こうかなと言っていた。
あちらも自由気ままな旅。

私たちは白骨温泉へ。
白骨温泉

早く着きすぎたので泡の湯の駐車場で待っていると
30分も早いのに入れさせてくれた。
泡の湯

男湯の隣に女湯と書いてあったので
じゃぁねと別れて私は女湯へ。
脱衣場がちょっと狭くて、洗い場もなくて、
入口が階段で、お湯がそこまで来てるし、
暖簾はあるし、おかしいな~と思って入ると
何とそこは、混浴野天風呂だった。ぎょ!

開館時間より早かったので誰もいなくてホッ。
だんだんと人が増えてきたので退散。
バスタオルを巻いて入っていいと後で知った。

白骨温泉から高山に出て、
恵比寿本店の飛騨そばを食べ、
後は帰るだけ。
高山そば

高山市のマンホール。
市花「こばのみつばつつじ」のデザイン。
高山マンホール


糸魚川~安曇野

盛岡から高速に乗って、五百川PAで泊まって、
翌朝はあいにくの雨。
糸魚川から安曇野への道が北アルプスが綺麗に見える
からといって、糸魚川に大雨警報が出ていたのに
ルート変更せず突き進む。
糸魚川出口

雨は大したことなかったけど、次の日には通行止めに
なったらしくて、危なかったー。
長野県

北アルプスは見えなくて残念。
白馬村

大町は晴れていたけど山の頂は見えず。
大町

大町温泉郷の薬師の湯に入って、
安曇野ちひろ美術館へ。
安曇野ちひろ美術館2

大王わさび農場へ。
大王わさび農場

まだまだ広かった。
大王わさび農場2

わさびコロッケはいいとして、
わさびビールはイマイチ。
わさびビール

車の中からではうまく撮れないので
松本マンホール1

昔、松本に行った時撮ったマンホール。
マンホール松本2

この日は中秋の名月で。
岡山では雷雨だったらしいけど。
中秋の名月

翌日上高地にすぐ行けるように、
沢渡・松本市営第2駐車場に泊まる。
ここはさわんど温泉・湯の郷公園を兼ねていて
24時間無料で足湯が楽しめる。
足湯


奥入瀬~玉川温泉

朝一番に酸ヶ湯温泉のヒバ千人風呂に入った。
総ヒバ造りの大浴場で混浴
初めての混浴は勇気が要って、
のんびり浸かる余裕もなかった。

それから森の中を走って走って、
青森

奥入瀬渓流へ。
石ヶ戸

あちこちにたくさん滝があって、
奥入瀬1

大きな滝もあって、見所がいっぱいあった。
またいつかゆっくり歩いて散策したい。
奥入瀬2

十和田湖
十和田湖1

遊覧船に乗る予定だったけれど
天気が今ひとつだったのでやめて、
十和田湖3

十和田湖のマンホール。
十和田湖マンホール1

秋田県に入って、
秋田県

和井内からの十和田湖。
十和田湖2

9月21日なのに24℃もある。
今年は猛暑で紅葉も遅れているらしい。
24℃

次に来たのが玉川温泉
この辺でも硫黄の匂いが強烈。
玉川温泉5

ここはがんなどの湯治場として有名。
玉川温泉1

天然の岩盤浴をしている人で溢れている。
岩盤浴は無料。近くの人はいいなぁ。
玉川温泉3

あちこちで温泉が吹き出ている。
玉川温泉2

ここのお湯は強酸性で、100%源泉に入ると
いろんなところがちくちくする。
玉川温泉4

脱衣場での会話。
客A
「お風呂に入ると乳首がちくちくするんですけど…」
掃除のおばさん
「はい。ここは乳首と下の方がちくちくします。
そういう温泉ですから」
客B 「えーっ!私はちくちくせんかったわー」
掃除のおばさん
「それは鍛えてらっしゃるからでしょう。
人それぞれですから」

岩手県に入るころ日が暮れて、盛岡で食事。
岩手県

盛岡から東北道に乗って、郡山JCTから磐越道へ。
眠くなったので五百川PAで泊まることに。
こんな小さなPAでもオストメイトトイレがある。
東の方のトイレって親切。道路情報の案内もしてるし。
五百川PA


函館~青森

函館2日目はとてもいい天気。
函館5

幼稚園前のカーブミラーは花形。
函館ハリストス正教会の屋根と、
函館山とロープウェイがうまく写っているの、
わかるかな。偶然撮れた。
函館6

基坂。函館は坂道が多くて、道幅が広い。
函館3

八幡坂。昔から小さな火事でも浜風に煽られ
大火になって町が何度も焼失したことから
このように道幅を広くしたそうだ。
と、帰宅2日後、NHK「美の壺」でやっていた。
函館7

1階が和風、2階が洋風という家も特徴のようで、
旅行に行く前に知ってたら
もっとじっくり観ただろうけど、
函館4

坂の下から見たら1階は見えないから
洋風の家が並んでいるように見えるらしい。
函館1

旧函館区公会堂
函館2

マンホールにも使われている。
マンホール函館2

他のマンホール。
函館といえば、やっぱりイカ。
マンホール函館1

函館マンホール3

市電一日乗車券を買って函館朝市へ。
観光化され過ぎな感も。
函館8

五稜郭タワー
函館9

カメラに収まりきらない。
函館10

タワー展望台から函館山。
函館11

金森赤レンガ倉庫へ。
函館12

湯の川温泉近くの日帰り温泉に入って、
フェリー乗り場へ。
函館13

青函フェリーで青森へ。
函館14

深夜0時半、青森に着くと雨。
酸ヶ湯温泉目指して走ること1時間。
今夜はここの駐車場で泊まる。
酸ヶ湯温泉

よく歩いたので膝が痛くなって、
1晩貼ったくらいだったら大丈夫だろう、
と思ったのが間違い。朝剥がすと皮下出血。
皮下出血
(つづく)


小樽~函館へ

北海道~本州縦断の旅から帰って1週間。
仕事に追われ、まだまだ片付いていないけど
忘れないうちに書き留めておきます。

18日晩、小樽に着いて走ること3時間半。
それでも函館には着かず、八雲PA泊。
北海道って本当に広い。
ここは静かでトイレも綺麗で湯は出るし快適。

翌朝起きて函館までの道中、いきなり馬車に遭遇。

馬車

目指すは大沼公園にある、
大沼公園

流山温泉へ。パラパラと雨が。
流山温泉

函館に着くと雨も止んでて、祭典に参加。
函館祭典パンフ

祭典後、浅井先生にサインをもらった。
私は聴いただけなのに、なんと謙虚な!
本当に先生の指揮は奥が深くてあったかくて、
気さくで指導は面白いし、とにかくすごい。
浅井先生サイン

懐かしい面々と話もして、
夜は夜景を観に函館山へ。
これはロープウェイの中から撮った写真。
函館夜景

函館山って昔は島だったんだそうな。
両側から波が押し寄せて陸続きになったらしい。
それでこんな綺麗な夜景が観られるんですね。

食事をして函館健康センターへ。
薬湯にちなんで、8.9.10のつく日は890円で利用できて、
深夜利用は千円追加で、温泉にも入って
一泊1,890円で泊まれるからすごくお得。
例によって雑魚寝だけど。
黎明薬湯
翌朝快晴。(つづく)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。