がんになっても の記事

--/--/-- スポンサーサイト
2009/01/25 人持ち
うたごえをしている人ならほとんどの人が知っているだろう「山ノ木竹志」さんの仲間たちコンサートに歌って参加してきた。北海道から九州まで 総勢300人が参加出演して、聴き手も全国から集まって来て(立ち見いっぱい)、闘病中の彼への感謝と激励のつもりが、→ 新聞記事温かくて明るい彼の人柄が溢れていて逆にこちらが励まされて帰ってきた。骨に転移していて歩くことができず車椅子で、かなりしんどかっただろうのに、打ち上げ...
2008/12/15 健康記念日
今日、半年後の検査に行ってきた。造影CTは4回目。異常なしということで、とりあえず安心。次は1年後に検査しますかと言われたけど症状があったらということにしてもらった。そのかわり毎年健診をするということで。健診は毎年してるし、先週したばかりだけど、来年からは腹部エコーもするようにしよう。日が経つにつれ、また不摂生になっている。反省。そうだ、今日を健康記念日にしよう。健康のありがたさに感謝して。...
2008/10/09 帽子
私は、あまり好きな俳優さんとかいなくて、いいなと思っても、それはその役の上での人だからのめりこむこともなければ追っかけることもない。でもなぜか、緒方拳さんは好きだった。最近のNHKドラマ「帽子」を観たときにあまりにも痩せてたのでひょっとしてと思ったけれど不安が的中して、あっという間に逝ってしまった。でも、その死に方というか生き方は、あっぱれ。あんなカッコイイ生き方は、私にはとてもできそうにない。明日...
2008/06/30 がんが消えた !?
今日、2ヵ月半ぶりのCTを撮った。そしたら、なんと、がんが消えていた!あの病変はいったい何だったのか?腎梗塞だったのかなぁ?でも、腎梗塞なら痛みがあるはず、結局、何かわからない。でも、これで、あーよかった、と手放しでは喜べないので、半年後にまたCTをしましょう、ということになった。なんか不思議だけど、とりあえずはいい結果。あの画像を見たら、誰でもがんだと思うし、きっと、他の病院ではすぐ切るでしょう...
2008/05/08 「大切なのは感情」の続き
がんかもしれないと思ったとき、もしかして「死」が近くなったかもしれないと考えた。「死」については、職業柄よく考えてきたつもりでも、あと何年生きられるだろうか、などと考えると布団の中で自然と涙が出たこともあった。3回。死ぬとは、このまま目が覚めないことなんだなと思うと「死ぬ時は何も持っていけない」とよく言われる言葉が現実味を帯びてくる。なるほど本当かも。持って行こうにも持って行くお金もないけれど。目...
2008/05/05 がんの大先輩
我が家には、がんの大先輩がいる。ばーばだ。直腸がんで、摘出後人工肛門をつけている。来年、術後10年目を迎える。早いなぁ。このばーばが、恐ろしく楽天的なのだ。術後も驚異的な回復力で皆を驚かせ、普通の人より10日も早く退院した。結婚当初は、その大雑把さが気になることもあったけど私も染まることで楽になった。ばーばには、本当に助けられている。病は気から。ナチュラルキラー細胞にしっかり働いてもらわないとね。...
2008/05/02 情報が少なくて
腎盂がんは、発生頻度が低くて、→ 10万人に0.1人統計を見ても、出てこないくらい少ないので → 統計情報も少ない。当事者の闘病記も少ない中、貪り読んだ。 → 闘病記5年、8年と、再発・転移を繰り返しながらも続いているブログを見ると、勇気が湧いてくる。いつかこのブログも誰かの役に立つことがあるだろうか。とりあえず、血尿があったらすぐ病院に行きましょう、ということと、健診時には腹部エコーもしてもらいましょう、とい...

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


人持ち

うたごえをしている人なら
ほとんどの人が知っているだろう「山ノ木竹志」さんの
仲間たちコンサートに歌って参加してきた。

山ノ木竹志コンサート

北海道から九州まで 総勢300人が参加出演して、
聴き手も全国から集まって来て(立ち見いっぱい)、
闘病中の彼への感謝と激励のつもりが、
新聞記事
温かくて明るい彼の人柄が溢れていて
逆にこちらが励まされて帰ってきた。

骨に転移していて歩くことができず車椅子で、
かなりしんどかっただろうのに、
打ち上げにも少し顔を出してくれて、
「ワシぁ、死なんような気がするんじゃ」
と彼が言うと、こちらもそんな気がしてくる。

いつも楽天的な彼だけど、
その陰でたくさんの困難を乗り越えてきていて、
だからこそ人との繋がりを大切にしていて、
彼は「人持ち」だなぁとしみじみ思った。
「金持ち」よりも「人持ち」の方が
ずっと人生豊かに生きられる、
改めて教えてくれたコンサートだった。

今も病床で曲創りを続けている彼。
本当に死なないで!と願って止まない。


スポンサーサイト

健康記念日

今日、半年後の検査に行ってきた。
造影CTは4回目。
異常なしということで、とりあえず安心。

次は1年後に検査しますかと言われたけど
症状があったらということにしてもらった。
そのかわり毎年健診をするということで。
健診は毎年してるし、先週したばかりだけど、
来年からは腹部エコーもするようにしよう。
日が経つにつれ、また不摂生になっている。反省。
そうだ、今日を健康記念日にしよう。
健康のありがたさに感謝して。


帽子

私は、あまり好きな俳優さんとかいなくて、
いいなと思っても、それはその役の上での人だから
のめりこむこともなければ追っかけることもない。

でもなぜか、緒方拳さんは好きだった。
最近のNHKドラマ「帽子」を観たときに
あまりにも痩せてたのでひょっとしてと思ったけれど
不安が的中して、あっという間に逝ってしまった。
でも、その死に方というか生き方は、あっぱれ。
あんなカッコイイ生き方は、私にはとてもできそうにない。

明日また「帽子」が追悼放送されるらしい。
今度はちゃんと直接DVDに録らなくちゃ。
今もHDDには残ってるのだけど保存版が欲しかったから。

緒方さんは、すばらしい書もたくさん遺されていて
こういう作品をずっと見ていられるというのは
ある意味幸せなのかもしれない。
私は何が遺せるだろうか。


がんが消えた !?

今日、2ヵ月半ぶりのCTを撮った。
そしたら、なんと、がんが消えていた!

あの病変はいったい何だったのか?
腎梗塞だったのかなぁ?
でも、腎梗塞なら痛みがあるはず、
結局、何かわからない。
でも、これで、あーよかった、
と手放しでは喜べないので、
半年後にまたCTをしましょう、
ということになった。

なんか不思議だけど、とりあえずはいい結果。
あの画像を見たら、誰でもがんだと思うし、
きっと、他の病院ではすぐ切るでしょう。
様子を見て正解だったね、と先生。

2ヶ月も待つのは結構しんどかったけど
こういうことがあるんですね。
なんか得した気分♪
人生仕切り直し。


「大切なのは感情」の続き

がんかもしれないと思ったとき、
もしかして「死」が近くなったかもしれないと考えた。
「死」については、職業柄よく考えてきたつもりでも、
あと何年生きられるだろうか、などと考えると
布団の中で自然と涙が出たこともあった。3回。

死ぬとは、このまま目が覚めないことなんだなと思うと
「死ぬ時は何も持っていけない」とよく言われる言葉が
現実味を帯びてくる。なるほど本当かも。
持って行こうにも持って行くお金もないけれど。

目を閉じていると、いろんな人の顔が浮かんでくる。
あちこちへ行ったことや、うたの活動、仕事のこと、
いろんな人との関わりが次々と瞼の奥に現れる。

そこで、クリスティーンさんの言葉、
「人間一番大切なものは感情だ」 と繋がった。
死ぬとき持っていけるものは「想い出」じゃないか。
この「想い出」こそ「財産」じゃないかと思った。

幸い私には財産がいっぱいある。
好きなように生きさせてもらって、本当にありがたい。
これから残りの人生、いろんな人と関わり合いながら
「財産」を増やしていこう!と思った。


がんの大先輩

我が家には、がんの大先輩がいる。ばーばだ。
直腸がんで、摘出後人工肛門をつけている。
来年、術後10年目を迎える。早いなぁ。

このばーばが、恐ろしく楽天的なのだ。
術後も驚異的な回復力で皆を驚かせ、
普通の人より10日も早く退院した。
結婚当初は、その大雑把さが気になることもあったけど
私も染まることで楽になった。
ばーばには、本当に助けられている。

病は気から。
ナチュラルキラー細胞にしっかり働いてもらわないとね。


情報が少なくて

腎盂がんは、発生頻度が低くて、→ 10万人に0.1人
統計を見ても、出てこないくらい少ないので → 統計
情報も少ない。

当事者の闘病記も少ない中、貪り読んだ。 → 闘病記
5年、8年と、再発・転移を繰り返しながらも
続いているブログを見ると、勇気が湧いてくる。
いつかこのブログも誰かの役に立つことがあるだろうか。

とりあえず、
血尿があったらすぐ病院に行きましょう、ということと、
健診時には腹部エコーもしてもらいましょう、
ということかな。 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。