スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


1年ぶりの

なんと、ブログは1年ぶり。
投稿の仕方まで忘れてしまってて、
しばらく考えあぐねていました。

今年もいわきへレコーデイングに行ってきました。
とりあえず生きてますという報告です。
今年もよろしくお願いします。


スポンサーサイト

ライブ&レコーディング

1月6日早朝からいわき市に行って来ました。
震災復興支援ライブ&レコーディングのために。
戻ってきたのは11日深夜。
CD発売は3月11日の予定です。

現地も見て来ました。ほんの一部ですけど。
道中の様子は、Facebookに
リアルタイムにUPしています。
よかったらそちらをご覧くださいませ。

ホームページからブログに移行して、
今度はFacebookが主流になってきました。
あんなにずっと警戒してきたFacebookですが
mixiよりいいなァと思っています。


ライブ&レコーディング


自然に死ねない

今朝7時50分、ご家族から様子がおかしいと
電話があって利用者さん宅へ行った。
20分後着いた時には顔は土色で意識もなく
血圧も測れず呼吸も心拍も停止していた。
朝食を自分で食べ「薬を飲む?」と言ったら
「いい」と言ってそのまま後ろに倒れたらしい。
まだ温かい。

主治医には連絡が取れず、
仕方がないから119に電話したら、
到着するまで心マッサージをせよとの指示。
尿毒症症状があって死は自然だったので
このまま静かに死なせてあげたかったけど、
形だけの優しい心マッサージをした。

ところが、救急隊員が来たら
慌ただしく心マッサージをし
口腔内残渣を吸引して挿管しようとする。
隊員に「早くしろ」と罵声を飛ばしながら。
延命は希望してなかったので
本人と家族の意思を伝えると
「我々は救命する使命があります」
と言って取り合わない。
搬送先のDrの指示を受けながら
手際よく挿管して連れていった。

せっかく本人の希望通り
ピンピン(でもないけど)コロリといけて
よかったなと思ったのに、
なかなか自然に死なせてもらえない。

救急車に乗る前、ご家族に
「人工呼吸器は希望しませんて言うんよ」と
言ったけど、押し切られたようで、
案の定、病院で人工呼吸器に繋がれ復活した。
でも、持っても1日だと。

こんなに急に悪くなるとは…。油断していた。
緊急時の対策が不十分で猛省。

しかし、、、

救急救命士って本人や家族の意思は無視なの?
挿管は希望してないと訴えたのに、、、。
91歳で寝たきりで、本人も家族も望んでないのに
マニュアル通りの対応が医療費の無駄を
生んでるんじゃないのか。


集団乱舞

先月のある日の夕方、
岡山駅でコウモリの集団乱舞に出くわした。
あちらさまの方が多いとやっぱり怖い。

コウモリ


謎の手紙

アマゾンで買った中古本。
最後のページに短い手紙が挟んであった。
そういえば、高校時代、BFが貸してくれた本に
よくラブレターが挟んであったなぁと
懐かしく思いながら読んでみた。

差出人の名前も宛名もなく、
さらっと読むとラブレターかと思ったけれど、
よくよく読むと深刻な内容だった。

多分書いたのは女性だろうな。
体調が悪いようで、精神も不安定そうで、
子どもも自分も大切な人も失いそうで怖いと
いうようなことを書いてある。
わがままを許してくださいと書いてあるけど
実際にどうするとかこうしてとかは書いていない。

子どもがいるのか?
夫に対する手紙としては変だな。不倫か?
いやまてよ、下腹が張ると書いてある、
妊娠中なのか?望まない妊娠?
読解力のない私の頭はぐるぐる回転する。

メモ書きのようなので、
この本は手紙を書いた本人が借りてたのか?
ちゃんと清書して相手に気持ちを伝えたのだろうか?
それとももらった人が借りてたのか?
子どもはどうなったのだろう?
ちゃんと仲良く暮らしているのだろうか?
それとも悲しい別れがあったのだろうか?

あぁ、疑問と想像はどんどん膨らむ。
この手紙でお腹いっぱいになったので
本はしばらく積読。


手紙


絶望の隣は希望です!

来年の「県民平和のつどい」のオープニングで
子どもたちと一緒に歌を歌うことになった。
その選曲と指導を頼まれたわけだけど、
さて、何を歌おう、、、と考えて、
「アンパンマンのマーチ」他3曲を歌うことにした。
「アンパンマンのマーチ」ならよく知られているし
震災後被災地でも歌われていてタイムリーだし。

ところがどっこい、これが奥深かった。
アンパンマンは、やなせさんの戦争体験が
ベースになって誕生している、
これはピッタリの選曲かもー。

なぜあんなに元気なのか興味あったけれど、
本当にすごい人だと感服しまくり。
元気の出る本です。涙も出たけど。。。


絶望の隣は希望です!


祝島へ

祝島へ行って来た。
といっても、もう1ヶ月も前のことだけど。
「ミツバチの羽音と地球の回転」を観てから
いつか行きたいと思っていた。

祝島といえば、上関原発建設に反対して
毎週月曜の18時半から、もう30年間も
反対デモを続けている。
凍結になった今でも続けている。
解凍されないようにと。

このエネルギーがどこから来るのか、
実際に肌で感じたくて、一緒に歩かせてもらった。
その後ライブとコント。そして深夜まで交流会。


祝島デモ

いっぱい元気をいただいて帰ってきた。
貴重な体験と素晴らしい仲間に感謝!

祝島


上関原発予定地近くまで接近。

上関原発建設予定地

祝島2



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。